キャットフード「AZ(アゼット)」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「AZ(アゼット)」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

「AZ(アゼット)キャットフード」は1988年に販売されたプレミアムキャットフードです。今回はそんなプレミアムキャットフードの「AZ(アゼット)キャットフード」の原材料を分析し、愛猫に安心して与えることができるフードかどうか見てみたいと思います。合わせて口コミ評価も紹介します。ぜひ購入の参考にされてください。

「アゼット」って?

Red cat and bowl of dry food on the wooden floor

アゼットは1988年に誕生したプレミアムペットフードです。ドッグフードをメインに販売していますが、プレミアムフードとしてキャットフードも販売しています。アゼットはブリーダーや専門店に卸しているため、ホームセンターやスーパーなどでは見かけることのないキャットフードです。

アゼットが販売された1988年は、まだプレミアムペットフードは珍しいものでした。

近年アレルギーを持つ犬がどんどん増えていますが、当時その原因がペットフードにあるのではないか?と考え始められてきました。そこで食物アレルギーに特化したフードの研究開発が始まり、誕生したのが「アゼット・プロフェッショナルドッグフード」です。

愛犬を幸せに、健康に、そして美しくするためのこだわりの成分を配合しています。

このように内容にもこだわっていますが、国際標準を備えた高度な工場で作られているため、衛生管理が整っており高品質のフードに仕上がっています。

「AZ(アゼット)」の特徴

ではアゼットのこだわりを紹介します。

消化力

犬や猫は言葉に出して健康状態を伝えることができないため、飼い主はうんちの状態を観察して健康状態を見ます。栄養素をしっかり消化吸収した後のウンチはコロッと健康的なうんちをしています。

消化酵素や繊維質を配合することで消化を助け、健康的なうんちを助けます。またユッカを配合することで気になる臭いも軽減させます。

毛並み、毛艶

犬や猫の健康バロメーターを知るもう一つの方法は毛並みや毛艶を見ることです。

そんな犬や猫の健康的で美しい皮膚や被毛の維持にかかせないのが、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスです。アゼットではオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸そして月見草オイルがバランスよく配合されています。

無添加

市販のペットフードに多く普通に配合されているのが添加物です。特に酸化防止剤はペットフードに欠かすことができませんが、発がん性が高いなど健康被害を及ぼすものもあります。中でもBHT、BHA、エトキシキンといった酸化防止剤は食用への使用が禁止や制限されています。

アゼットではこういった危険な添加物は一切使用していません。その代わりに抗酸化作用の強いビタミンCやビタミンEを使用しています。水分も極力減らしているので長期保存が可能となっています。

高い嗜好性

アゼットは美味しさにもこだわっています。オーストラリアやニュージーランド産の良質な肉や本物の肉汁を煮詰めたものを混ぜています。

そして粒を円盤型にすることで表面積を広くし、おいしそうなにおいをより実感してもらえます。

サプリメント配合

Close up vitamins and supplements on white background with a brown bottle. Including Vitamin c, vitamin E, vitamin D3, salmon oil, fish oil and co enzyme Q10 capsules.

アゼットは健康を考えて健康サプリメントを配合しています。免疫系や消化器系、循環器系、脳や神経などの健康をサポートする「月見草エキス」、また足腰、関節を強化するためのグルコサミンやコンドロイチンも配合されています。

病気予防や老化対策にも配慮されたフードといえるかもしれません。

「AZ(アゼット)キャットフード」の紹介

AZ アゼット キャットフード オールステージ(全猫種用)

アゼットのキャットフードは栄養バランスを考え美味しさも追及した、スーパープレミアムキャットフードです。

安全基準をクリア

アゼットキャットフードを製造している工場は品質や衛生、安全基準の管理をクリアしています。

ヘアボールコントロール

毛繕いする猫のために、食物繊維やオリゴ糖を配合することで、毛玉の排出を促します。

低マグネシウム、低pH調整

下部尿路疾患に悩む猫は少なくありませんが、アゼットはマグネシウムとpHを調整しているので、下部尿路疾患の猫にも与えることができます。

サプリメントを配合

猫の身体に必要、また体に良いサプリメントを配合しています。

その中にはタウリン、オリゴ糖、月見草オイル、ビタミン、ミネラル等が配合されています。

「AZ(アゼット)キャットフード」の原材料と成分

では早速アゼットキャットフードの原材料や成分を分析してみたいと思います。原材料は以下のとおりです。

原材料

ライス、肉類(鶏肉ミール、ホワイトフィッシュミール、ミートボーンミール)、ベジタブルオイル、コーングルテンミール、ツナオイル、鶏脂、タウリン、サンフラワーオイル、セルロース、製造酵母、エッグヨーク(鶏卵パウダー)、レシチン、月見草オイル(イープニングプリムローズオイル)、オリゴ糖、ビタミン・ミネラル類(塩化コリン、亜鉛、鉄、ナイアシン、銅、マンガン、パントテン酸、ヨウ素、ビタミン(B6、B12)、葉酸、ビオチン、セレイウム)、アスコルビン酸(ビタミンC)、トロフェロール(ビタミンE)となっています。

成分

粗たんぱく質30%以上、粗脂肪17%以上、粗繊維4.0%以下、粗灰分8.0%以下、水分10%以下、カロリー393kcal/100gとなっています。

たんぱく質、脂肪ともに十分な量が摂取できます。カロリーが高めなので与えすぎに注意しましょう。肥満気味や運動量の少ない猫は食べすぎに注意が必要です。

アゼットキャットフードの原材料詳細

健康を考えたフードといわれていますが、原材料を見てみると気になるものも多数あります。では詳しく見てみましょう。

ライス、コーングルテン

Wooden spoons of various gluten free flour (almond flour, amaranth seeds flour, buckwheat flour, rice flour, chick peas flour) from top view

第一原材料を見てみると「ライス」があげられています。また第4原材料に「コーングルテン」と穀物が使用されていることがわかるでしょう。

肉食動物である猫は胃が小さく腸も短いため、イネ科の穀物の消化吸収に向いていません。穀物を消化するためのアミラーゼという酵素もないため、消化吸収ができず消化不良を起こすことがあります。また小麦やトウモロコシは猫がアレルギーを起こしやすい食材ともいわれています。ですから穀物が第一原材料になっているのはおすすめできません。

アゼットで使用しているライスは遺伝子組み換えではないタイ産のものなので品質は良いかもしれませんが、猫にとっては消化がしにくいですし、炭水化物は体内で糖分に変化するため肥満にも注意が必要です。

コーングルテンもトウモロコシからコーンスターチを取り除いた残りカスですので、栄養価はなくやはり消化にもよくないのでおすすめできる食材とはいえません。

肉類、ミール系

food collage of various fresh meat, chicken and fish, top view

第二原材料を見てみると肉類があげられていますが、よく見てみるとすべてミールとなっています。

ミールとは原料を細かく粉砕したものですが、これではどんな肉を使用しているかわかりません。新鮮な肉を使用しているのか、どんな部位を使用しているのかわからないため、消費者としては不安ですね。

公式サイトでは狂犬病や鳥インフルエンザが発生したことのないオーストラリアやニュージーランド産の肉を使用しているということですが、具体的な記載がないため疑問が残ります。

特に気になるのが「ミートボーンミール」です。「肉骨粉」とも言うことができますが、この中には本来なら破棄にするような鶏の頭や骨、羽根、血液、足など栄養価が低く消化にも良くない部位を使用している可能性も考えられます。さらには病気や事故で死んで腐った家畜の肉を使用している可能性もあります。

アゼットは高品質の原材料を使用しているということですので、できればどんな部位を使用しているか明らかにしているともっと安心ですね。新鮮な生肉を使用していれば安心ですが、粗悪な原材料ともいわれている「ミートボーンミール」を使用しているのは残念なことです。

「AZ(アゼット)キャットフード」の給与方法

アゼットキャットフードの給与方法は一般的なフードと同じようにできます。アゼットキャットフードはオールステージ対応となっているので、年齢に合わせて変えましょう。

子猫の場合

まず子猫の場合は一日4~5回に分けて与えるようにしましょう。

一日当たりの給餌量の目安は以下のとおりです。

5~10週の子猫の場合、体重0.5㎏で28~32g、1kgで56~64g、1.5㎏で94~95g。 10~20週の場合、体重0.5㎏で18~28g、1kgで37~56g、1.5㎏で55~84g、2㎏で74~112g。 20~30週の場合、体重0.5㎏で13~18g、1kgで25~37g、1.5㎏で38~55g、2㎏で51~74g、3㎏で64~111g、4㎏で76~148g。

成猫の場合

成猫の場合は一日1,2回に分けて与えましょう。

一日当たりの給餌量は以下のとおりです。

体重2キロの場合36~41g、3キロで53~61g、4キロで71~81g、5キロで89~102g、6キロで107~122g、7キロで125~142g、8キロで142~163gとなっています。

妊娠、授乳中は栄養が必要なので、猫が欲しがるだけ与えても問題はありません。愛猫の様子を見て調整しましょう。

「AZ(アゼット)キャットフード」のメリットとデメリット

merit&demerit

アゼットキャットフードのメリットとデメリットを見てみましょう。

「AZ(アゼット)キャットフード」のメリット

一つ目はヘアボールコントロールができることです。食物繊維が豊富に含まれているので、体内にたまったヘアボールを排出する助けを行います。

またアゼットキャットフードを製造している工場はアメリカ飼料検査官協会の厳しい管理基準を通過しているので、衛生面や安全性は高いということができるでしょう。

「AZ(アゼット)キャットフード」のデメリット

原材料のところでもふれましたが、アゼットで使用している原材料の安全性には疑問が生じます。

猫が消化吸収を苦手としている穀物が第一原材料になっているため、穀物アレルギーのある猫は食べられませんし、消化機能が弱っている猫でしたら消化不良を起こしてしまうかもしれません。

また猫にとって大切な動物性たんぱく源である肉や魚の品質も、どんな肉や部位を使用しているかわからないため安全性に欠けるといえるかもしれませんね。

「AZ(アゼット)キャットフード」の口コミ評判

Shocked older woman listening to young female whispering in ear, friend gossiper telling secret rumors or unbelievable news to surprised senior lady, old mother and adult daughter gossiping concept

ではアゼットキャットフードを購入した方の口コミ評判を見てみましょう。

「AZ(アゼット)キャットフード」の良い口コミ

ますアゼットキャットフードの良い口コミから見てみたいと思います。

「よく食べる」 嫌がらずによく食べてくれると評判です。特別食いつきが良いというわけではなさそうですが、偏食気味の猫も普通に食べてくれると満足の声が多数あります。小粒になっているので口の小さい猫や丸呑みしてしまう猫にもおすすめのようです。

「安い」 お手頃な価格だ。と値段に対する満足の声もあります。体のことを考えたフードは一般的に高い傾向にあるので、経済的負担にならないアゼットキャットフードに満足している方は少なくありません。

「無添加が良い」 無添加であることを高く評価している声もあります。市販のキャットフードでは着色料や保存料がたくさん使用されていますが、アゼットキャットフードではからだに害となりかねない添加物は一切使用していないので、安心して愛猫に与えることができると評判です。

「消化が良い」 消化をサポートする消化酵素やオリゴ糖が入っているので、消化がうまくできていると感じているようです。うんちが小さくなってにおいも無くなっているようです。毛艶の改善を喜ぶ声もあります。

「AZ(アゼット)キャットフード」の悪い口コミ

ではアゼットキャットフードの悪い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「吐いてしまった」 アゼットキャットフードを与えたら、すぐに吐いてしまった。という口コミがあります。からだに合わない猫もいるようです。穀物が多く使用されているため消化ができないのかもしれませんね。

「食べさせたくない」 スーパープレミアムキャットフードということですが、原材料を見ると食べさせたくない。と感じている方は多くいます。

穀物であるライスが第一原材料になっているため、本当に必要な動物性たんぱく質が足りない。また肉の品質も定かでない。と原材料に対する不安を持っている方は少なくないようです。

「脂質やカロリーが高い」 脂質やカロリーが高いと感じている方もいます。穀物が多く使用されているため、炭水化物量が多く、カロリーも高めになっているのかも知れません。

少食の猫なら少しの量でも必要なエネルギーが取れるというメリットがありますが、一般的な猫でしたら給餌量に注意が必要です。

「AZ(アゼット)キャットフード」のおすすめポイント

concept image of setting a five star goal.  increase rating or ranking, evaluation and classification idea

口コミ評判も賛否が分かれるアゼットキャットフードですが、おすすめポイントは何でしょうか?

添加物無添加

アゼットキャットフードは体に害となりかねない添加物を一切使用していません。

酸化防止剤、着色料、防腐剤などは発がん性やアレルギーなどのリスクがありますが、こういった添加物は使用せず、天然由来の安全性の高いものを酸化防止剤として使用している点はおすすめできます。

アメリカ飼料検査官協会の基準クリア

アゼットキャットフードはISO9001(2000年度)、GMP、HACCPなど製造工程や品質、衛生管理など様々な面における管理基準をクリアした工場で製造しています。

アゼットキャットフードが高品質で安全性の高いものを目指しているといえるでしょう。

高カロリー

アゼットキャットフードは高カロリーのフードとなっています。また食いつきも良いフードなので、偏食の猫や少食の猫も少量のフードでもカロリーを摂取することができます。痩せ気味の猫におすすめかもしれませんね。

まとめ

今回は「AZ(アゼット)キャットフード」について見てきました。

こだわりのあるプレミアムキャットフードということでしたが、原材料を見てみると評価の分かれるキャットフードです。穀物であるライスが第一原材料になっていることやミール系を使用していることなど、不安の残るフードです。

一定の安全基準を満たしているフードであり、購入しやすい価格でもありますが、あまりおすすめできるフードではありませんね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード