キャットフード「メディファス」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「メディファス」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

「メディファスキャットフード」は、日本初のドライキャットフードとして岐阜県に本社を構える「ペットライン株式会社」が製造・販売をしています。麻布大学獣医学部と共同開発し、下部尿路ケアに注力したプレミアムキャットフードとして、お手頃価格で尿路結石の予防が行えるフードである上、年齢や生活習慣などそれぞれのニーズに応じたレシピ設計で、豊富なラインナップが用意されています。

「メディファスキャットフード」とは?

Owner feeding cute cat at home

メディファスキャットフードは、猫の年齢によってできやすい結石が異なっていることや、適切なミネラルバランスと尿のph値が変わることに着目し、年齢ごとにレシピ設計をしたフードを、子猫からシニアまで各年齢ごとに用意しています。

下部尿路ケアに特化したメディファスキャットフード

下部尿路ケアに特化したフードに加え、猫の成長と生活習慣などのニーズに対応したフード提供しています。

たとえば室内飼いの猫は運動量が少なくなりがちなので、低たんぱくで低カロリーのフードを選ぶことができるでしょう。

メディファスキャットフードのラインナップ

メディファスキャットフードのラインナップは、全部で15種類あります。

特に尿路の健康維持に力を入れているため、尿路結石は全ステージの猫で起こりやすいため、年齢ごとにフードが用意されています。

商品は次のようになっています。

「下部尿路の健康ケア+年齢ごとの健康ケア」

年齢に応じた異なる適切なミネラルバランスへと調整することで、尿のphをコントロールすることが可能となっています。毎日摂取するフードから、下部尿路の健康維持をサポートします。

・「子猫(チキン味)」

・「1歳から(チキン味)」

・「1歳から(フィッシュ味)」

・「7歳から(チキン味)」

・「7歳から(フィッシュ味)」

・「11歳から(チキン味)」

・「11歳から(フィッシュ味)」

・「15歳から(チキン味)」

「下部尿路の健康ケア+生活習慣ごとの健康ケア」

メディファス 室内猫 毛玉ケアプラス 1歳から チキン&フィッシュ味

年齢別のフードのほかに、室内飼いで運動量の少ない猫用、肥満猫用、避妊去勢をした猫用、毛艶に特化したフード、老齢猫用に高栄養なフードと5種類の生活習慣別のフードが用意されています。

室内猫用

・「1歳から(チキン&フィッシュ味)」

・「7歳から(チキン&フィッシュ味)」

・「11歳から(チキン&フィッシュ味)」

ダイエット用

メディファス ダイエット用 1歳から チキン&フィッシュ味

・「1歳から(チキン&フィッシュ味)」

・「7歳から(チキン&フィッシュ味)」

避妊・去勢猫用

メディファス 避妊・去勢後のケア 子ねこから10歳まで チキン&フィッシュ味

・「子ねこから10歳まで(チキン&フィッシュ味)」

美しい毛艶ケア用

・「1歳から10歳(チキン&フィッシュ味)」

長生き猫の高栄養

メディファス 長生き猫の高栄養 15歳頃から チキン&フィッシュ味

・「15歳から(チキン&フィッシュ味)」

「メディファスキャットフード(下部尿路ケア1歳からチキン味)」の原材料とは?

メディファスキャットフード(下部尿路ケア1歳からチキン味)」の原材料は、次のようになっています。

原材料

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源)、糖類(フラクトオリゴ糖)、卵類(ヨード卵粉末)、シャンピニオン、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)を原材料として使用しています。

成分

たんぱく質:31.5%以上、脂質:12.0%以上、粗繊維:4.0%以下、粗灰分:8.5%以下、水分:10.0%以下、カルシウム:0.65%以上、リン:0.60%以上、ナトリウム:0.20%以上、リノール酸:0.90%以上、ビタミンE:230IU以上、ビタミンB1:17.0㎎以上、ビタミンB2:20.0㎎以上、タウリン:0.11%以上、代謝エネルギー:100gあたり約380cal

カルシウム・リン・ナトリウム・マグネシウムの量が調節されています。

「メディファスキャットフード(避妊・去勢猫用/子ねこから10歳まで(チキン&フィッシュ味)」の原材料とは?

メディファス 避妊・去勢後のケア 子ねこから10歳まで チキン&フィッシュ味

下部尿路ケア+避妊・去勢猫用/子ねこから10歳まで(チキン&フィッシュ味)の原材料は次のようになっています。

原材料

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから)、油脂類(動物性油脂、共役リノール酸、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス)、セルロース、糖類(フラクトオリゴ糖)、卵類(ヨード卵粉末)、シャンピニオン、L-カルニチン、ビール酵母、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)を原材料として使用しています。

成分

たんぱく質:34.0%以上、脂質:8.5%以上、粗繊維:6.5%以下、灰分:9.0%以下、水分:10.0%以下、カルシウム:1.0%(標準値)、リン:1.0%(標準値)、ナトリウム:0.6%(標準値)、マグネシウム:0.09%(標準値)

下部尿路ケア+避妊・去勢猫用/子ねこから10歳(チキン&フィッシュ味)までの場合、下部尿路ケア1歳(チキン味)と比較すると、脂質が10%カットされ調整されています。

多くの飼い主の方は、愛猫の発情が始まる前、つまり、1歳前に避妊や去勢の手術を受けます。手術をした猫は太りやすくなると言われているので、手術を受ける前から低カロリーフードに切り替えるのもひとつの方法と言えるでしょう。

全年齢に対応しているフードなので、たんぱく質が34%と多めに配合されています。1歳になったばかりの成長期の猫は、たんぱく質を多く必要としているので、最適な成分配合となって います。

メディファスキャットフードの原材料を詳しく解析!

Close up of businesswoman holding graphs in hand

上記で確認した原材料のいくつかを詳しく解析していきましょう。

穀類

Cereal grains , seeds, beans on wooden background.

キャットフードの原材料の表示は、一番最初に記載されている第一原材料がとても大切です。それにより愛猫に身体にどんな原材料が一番多く摂取するかを左右します。

肉食動物である猫にとって一番大切なものは、動物性たんぱく質が豊富に含まれている肉類、もしくは魚類と言われています。

では、メディファスキャットフードはどうでしょうか?

残念ながら、メディファスキャットフードは第一原材料、つまり、メイン原材料にとうもろこしとコーングルテンの穀類を使用しています。

完全肉食動物である猫にとって穀物で摂取できる植物性たんぱく質の重要度は低く、体内で上手に消化することができない苦手な原材料です。

なぜなら、猫の体内には穀物を消化するためのアミラーゼという酵素が唾液に存在していないことや、胃が小さくて小腸も短いのという身体のつくりから消化を苦手としています。その結果、穀物類をたくさん摂取すると、消化不良やアレルギーを引き起こすリスクを高めます。

特に小麦やトウモロコシはアレルギーを発症させるリスクが高い、危険な食材として挙げられています。

メディファスキャットフードは、消化不良やアレルギーを引き起こしやすいトウモロコシやコーングルテンをメイン原材料としているのでアレルギー持ちの愛猫に与えることは絶対にできません。

また、今の段階では愛猫がアレルギーを持っていなくても、毎日摂取しているならアレルギーを発症させる確率を高めるので気を付けましょう。

肉類

Raw meat

メディファスキャットフードは第一原材料として、ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダーなどの肉類を使用しています。

使用している肉は、○○ミール、○○パウダーなど品質がよく分からないものを使用しています。 ○○ミールと記載されている場合、動物のさまざまな部位を粉末状にしたものを指します。どのような部位を使用しているか不明ですが、それには鶏のとさかやくちばし、骨、羽、血液など本来ならば破棄にするような部位も使用されている可能性があります。

また、長期間病気のために薬物投与されていた家畜の肉や死んだ家畜の肉などを使用している場合もあります。原材料が粗悪な上、高温、高湿の処理が施されているので栄養素はほとんど壊されています。

ですから、信頼できるプレミアムキャットフードを愛猫に与えたいなら、○○ミールや○○パウダーと表示されているものではなく、チキンやラム、サーモンなど何の肉を使用しているか明らかにされているキャットフードを選ばれることをおすすめします。

油脂類

メディファスキャットフードは、油脂類(動物性油脂)と表示されています。このような曖昧な表示ですと、何の動物を使用しているのか全く分かりません。

もしかすると死にかけの動物や事故死した家畜などの肉から絞りとった脂かもしれませんし、複数の家畜に脂肪がミックスされているかもしれません。また、動物性油脂は酸化が早いため、通常、大量の酸化防止剤を必要とします。

特に動物性油脂を加工する場合、加工している段階で使用する酸化防止剤は原材料欄に記入する義務は課せられていないので、どれほと強力な酸化防止剤がどのくらいの量使用されているのかは全く分からないのでマイナスポイントと言えます。

愛猫の健康を第一に考えているキャットフードなら、鶏油、ひまわり油、キャノーラ油など、どのようなオイルを使用しているか明らかにすることで飼い主の方に安心感を与えています。

卵類(ヨード卵粉末)

メディファスキャットフードで使用している卵は、グループ企業のヨード卵光です。ヨードは、必須ミネラルが豊富に含まれています。このような卵を使用しているキャットフードは少ないので、このフードの特徴と言えます。

シャンピニオン

シャンピニオンと表示されているマッシュルームには、カリウムが豊富にふくまれています。心臓病や筋肉に働きを正常にする効果を期待できます。また、高血圧の予防や改善にもつながります。

ビタミン・ミネラル・アミノ酸

原材料に食物をあまり使用していないので、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養素の量が少ないと言えるかもしれません。

人工添加物

メディファスキャットフードは、着色量や香料、合成保存料などの人工的な保存料は使っていません。キャットフードの欠かせない酸化防止剤は、天然由来のローズマリー抽出物やミックストコフェロールを使っているので安心です。

共役リノール酸

下部尿路ケア+避妊・去勢猫用/子ねこから10歳(チキン&フィッシュ味)には、共役リノール酸が含まれています。これは脂肪を分解・燃焼させる働きがあります。そのため、ダイエット効果を期待できます。

日本国内製造で安全&安心

ISO 9001 standard for quality management of organizations with an auditor or manager in background

メディファスキャットフードは、ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)の認証を受けた岐阜県多治見工場で生産されています。

原材料の受け入れからはじまり、配合、加工、包装まですべての工程に厳しい基準を設け、徹底した管理の下で製造されています。原材料に必要な成分がしっかり含まれているか、有害物質は入っていないかなど定期的に検査も行われています。

さらに包装工程では、異物侵入を防ぐためにX線異物検出装置を導入して、検査が行われています。完全国内生産なので、日本企業独特の安心感や信頼感を多くの方が得ています。

メディファスキャットフードの保管方法とは?

メディファスキャットフードをはじめとし、すべてのキャットフードはパッケージを開けた瞬間から湿気を吸収し酸化がはじまります。開封後はしっかりと密閉し、なるべく空気に触れないよう、早めに使い切るようにしましょう。可能なら1ヶ月以内に使いきるのが理想的です。

また、温度や湿度の変化も品質に大きな影響を与えます。しっかりと密閉していても、日当たりがよくて高温な場所においておくなら、フードはどんどん酸化していきます。

ですから、直射日光を避け、風通しのよい涼しい場所を選んで保管するようにしましょう。冷蔵庫に保管する方もいますが、カビの原因となりますので冷蔵庫保管はやめましょう。

メディファスキャットフードの口コミ評判

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

では最後に、メディファスキャットフードをすでに利用したことがある方の口コミ評判をみてみましょう。

良い口コミ評判

・「美味しそうに食べてくれます。」

・「現在3袋目ですが、飽きずに食べてくれます。」

・「チキンとフィッシュを交互にローテーションしているので、いつも食いつきよく食べています。」

・「国産フードという安心感からメディファスキャットフードを購入しました。添加物も使用していないので気に入っています。」

・「尿路結石の再発予防に与えています。すでに1年経過しましたが、今のところ再発していません。このままメディファスキャットフードを続けていこうと思います。」

・「尿路結石治療後、獣医師さんに病院指定のフードを紹介されましたがとでも高価でした。ネットで尿路結石ケアが行えるフードを探していた時にメディファスキャットフードを見つけ購入しました。約2年経ちますが、再発していません。」

・「下痢気味の子でしたが、お腹の調子がよくなりました。いい便をしてくれます。」

・「500gずつの小分けになっているので、いつでも新鮮なフードをあげることができます。国内メーカーの配慮を感じます。」

・「チキンもフィッシュもどちらも食いつきがいいです。療養食を美味しく食べてくれるので嬉しいです。」

・「子猫の時に下部尿路になってしまい、それからずっとメディファスキャットフードを愛用しています。年齢ごとにラインナップされているので、安心感があります。」

悪い口コミ評判

・「最初は食べてくれたのですが、今では全然食べてくれません。」

・「うちの子の口には合わないようです。」

・「食べると吐きます。」

・「今まで食べていたのですが、リニューアル後からは食べてくれません。」

・「粒の形状が苦手みたいです。」

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード