キャットフード「ロイヤルカナン専用フード」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「ロイヤルカナン専用フード」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

ロイヤルカナンは、1967年にフランスの獣医師によって開発されました。その当時、ペットのさまざまなトラブルは薬で治療することが当たり前でしたが、フードで病気の改善をすることを目指し、レシピ設計されたのがロイヤルカナンです。この記事では、「ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン」専用フードの成分と原材料を解析していきます。

「ロイヤルカナン」とは?

Europe at night viewed from space with city lights showing human activity in Germany, France, Spain, Italy and other countries, 3d rendering of planet Earth, elements from NASA

ロイヤルカナンは世界中で支持され、今ではここ日本でも信頼性の高いフードとして、ロイヤルカナンを勧める獣医師がたくさんいます。また、愛猫家たちの間でも、ロイヤルカナンは安全性があり信頼できるブランドとして支持されています。

猫種ごとの違いをケアする「ロイヤルカナン」の猫種専用フード

ロイヤルカナンは、豊富なラインナップが用意されています。

いくつかのシリーズに分類されていますが、ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)は、「フィーライン ブリード ニュートリション(FBN)」、つまり、猫の種類によって使い分けるキャットフードに分類されます。

豪華な長毛と珍しい食べ方をする「ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン」専用フードのほかに、活発で太りやすい体の「アメリカンショートヘアー」、水を弾くダブルコートを持つ「ノルウェージャンフォレストキャット」、筋肉質で力強い身体の「ブリティッシュショートヘアー」、絹のようなソフトな被毛をもつ「ラグドール」、大きな身体を支える「メインクーン」、そして、食べるスピードの早い「シャム」の8種類の猫種専用フードが用意されています。

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」のラインナップ

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用フードは、生後12ヶ月までの「子猫用」と、生後12ヶ月~12歳までの「成猫用」の2種類は用意されています。

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用フードの特徴

それぞれの猫種に特化したフードを提供しているロイヤルカナンですが、ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン専用フードにはどのような特徴があるのでしょうか?

3つの特徴をみてみましょう。

①長い被毛の健康をサポート

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンは、長い被毛が特徴的です。ロイヤルカナンはオメガ3・6系不飽和脂肪酸を含む独自のバランス配合で、皮膚と被毛の健康をサポートする栄養素を組み合わせています。

②食物繊維配合でヘアボールの形成を抑制

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンは被毛が長いだけでなく密度が高いので、グルーミングをする際に多くの毛を飲み込みやすい猫種です。そこでサイリウムを含む複数の食物繊維を配合し、飲み込んだ毛を吐き出すのではなく、便で排出できるうサポートします。

③腸内の健康を維持

消化性の高いタンパク質とプレバイオティックスを配合し、健康的な腸内細菌のバランスを整えるフードに仕上がっています。

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用フード子猫用の原材料とは?

ロイヤルカナン FBN ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン 子猫用

使用している原材料は、次のようになっています。

原材料

肉類(鶏、七面鳥)、米、動物性脂肪、とうもろこし、植物性分離タンパク、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、植物性繊維、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、魚油、大豆油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、酵母および酵母エキス(マンナンオリゴ糖及びβ-グルカン源)、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ゼオライト、β-カロテン、ミネラル類(Cl、Ca、Na、K、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)超高消化性タンパク(消化率90%以上)を原材料として使用しています。

成分

たんぱく質:30.0 %以上、脂質:20.0 %以上、粗繊維:3.7 %以下、灰分:8.7 %以下、水分:6.5 %以下、食物繊維:8.0 %、ビタミンA(1kg中):34,500 IU、ビタミンD3(1kg中):900 IU、ビタミンE(1kg中):650 mg、カロリー含有量(代謝エネルギー):422 kcal/100g、食物繊維:8.0%

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用の給与量は?

子猫用のフードの給与目安は、子猫の月齢や体重によって変わります。おおよその目安量は、次のようになっています。

(月齢の場合) ・月齢2~3ヶ月:40~69g

・月齢4~6ヶ月:55~77g

・月齢7~9ヶ月:53~66g

・月齢10~12ヶ月:44~58g

(子猫の体重の場合) ・体重0.8~2.1㎏:40~69g

・体重1.8~3.9㎏:55~77g

・体重2.4~5.0㎏:53~66g

・体重2.9~5.0㎏:44~58g

上記の量を参考に、1日の給与量を1~数回に分けて与えましょう。あくまでも目安量ですので、個体差や活動量に応じて適切な量へ調整されることをおすすめします。

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用フード成猫用の原材料とは?

使用している原材料は、次のようになっています。

原材料

肉類(鶏、七面鳥)、動物性脂肪、米、植物性分離タンパク、とうもろこし粉、植物性繊維、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、コーングルテン、小麦粉、とうもろこし、酵母および酵母エキス、チコリパルプ、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸源)、サイリウム、大豆油(オメガ6系不飽和脂肪酸源)、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、Ca、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

成分

たんぱく質:28.0 %以上、脂質:20.0 %以上、粗繊維:5.7%以下、灰分:8.1%以下、水分:6.5 %以下、食物繊維:8.0%、ビタミンA(1kg中):33,500 IU、ビタミンD3(1kg中):800 IU、ビタミンE(1kg中):630 mg、カロリー含有量(代謝エネルギー):413 kcal/100g、食物繊維:11.0%

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用の給与量は?

成猫用のフードの給与目安は、活動量や避妊・去勢の有無によって変わります。おおよその目安量は、次のようになっています。

(活動量が少ない猫・避妊や去勢をしている猫・代謝エネルギーが少ない猫) ・体重3㎏:33g

・体重4㎏:40g

・体重5㎏:47g

・体重6㎏:54g

(活動量が多い猫・避妊や去勢をしていない猫・代謝エネルギーが標準な猫) ・体重3㎏:41g

・体重4㎏:50g

・体重5㎏:59g

・体重6㎏:67g

上記の量を参考に、1日の給与量を1~数回に分けて与えましょう。あくまでも目安量ですので、個体差や活動量に応じて適切な量へ調整されることをおすすめします。

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用フードの原材料を解析!

では、上記で確認したペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの子猫用と成猫用の原材料のいくつかを詳しく解析してみましょう。

肉類

Raw meat

ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)専用フードでは、メイン原材料に鶏と七面鳥を使用しています。肉食動物である猫にとって、動物性たんぱく質はとても重要です。 さまざまな栄養素を賄うことができるので、キャットフードの第一原材料に動物性たんぱく質が表示されていることはとても大切です。

動物性油脂油脂

動物性油脂というあいまいな表示では、何の動物から抽出された油脂なのか分かりません。

また、動物性油脂の場合、酸化がとても早いので、加工段階で多くの酸化防止剤を使用します。加工している段階で使用する酸化防止剤は、原材料欄に表示する義務はありません。

ですから、どのような種類の酸化防止剤が使われているかも不明です。もしかするとBHAや没食子酸プロピルといった強い合成の酸化防止剤が使われている可能性もあるので注意が必要です。

米、とうもろこし、とうもろこし粉、コーングルテン、小麦粉

Cereal grains , seeds, beans on wooden background.

肉食動物に該当する猫にとって、穀物類はほとんど必要としていません。なぜなら、消化を促すアミラーゼがないことや胃が小さく小腸が短いため、ほぼ消化することができません。

また、とうもろこしや小麦は、消化不良やアレルギーを引き起こす原材料として知られています。

ですから、アレルギー持ちの愛猫に与えることはNGです。また、今はアレルギーがなくても、継続して摂取しているとアレルギーを発症させるリスクを高めますので気を付けましょう。

超高消化性タンパク

ロイヤルカナンのドライフードに含まれている超高消化性タンパク(LIP)は、腸内環境を整える働きをします。猫は本来肉食動物なので、健康を維持するためには動物性たんぱく質を必要としています。しかし、腸内に消化できないたんぱく質がたまってしまうことで、やわらかい便をすることがあります。

LIPは消化率が90%を超えるので、腸内にタンパク質がたまることがなくなり、腸内環境を良い状態にサポートします。

酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

ロイヤルカナンは、酸化防止剤としてBHAや没食子酸プロピルなどの合成の強いものを使用しています。

特にBHAは、発がん性のリスクがあることでも知られています。ロイヤルカナン側では、”健康に影響を及ぼす量ではない”と説明していますが、フードは毎日摂取するもので、身体に蓄積されていくものです。

万が一、愛猫の体調に異変を感じた時は、フードを与えるのをやめ、獣医師に相談されることをおすすめします。

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンが食べやすいキブル(粒)の形状とは?

ペルシャは、ペチャンコの顔をしたユニークな顔立ちが特徴的です。その”ブサかわいさ”に魅了されている方は多くいらっしゃいます。

その特徴的な顔の造りから、フードを口でとらえるのを苦手とします。また、舌の裏を使い、フードを口に入れるという、変わった食べ方をします。そのため、フードを食べる速さが、一般的な猫の半分程度と言われています。

ロイヤルカナンのペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン専用フードは、そんなペルシャ猫が食べやすいようにキブル(粒)を開発・設計しました。

さまざまな形や大きさのキブル(粒)をたくさん作り、ペルシャ猫が食べる様子をビデオで撮影し、観察をした結果、”アーモンド形キブル(粒)”が一番食べやすい形状であることが分かりました。

栄養バランスはもちろん、キブル(粒)や大きさにまでこだわりをもったロイヤルカナンのペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン専用フードを、この機会に試してみられるのはどうでしょうか?

ロイヤルカナンの安全性

ISO 9001 standard for quality management of organizations with an auditor or manager in background

ロイヤルカナンは、安全性についても強いこだわりを持っています。

フードを生産する工場は、ISO9001(顧客満足向上と品質管理の国際規格)とISO14001(環境への負荷を最小限にするように定めた仕様書)で定められている国際標準規格をクリアしています。つまり、原材料からフードになる最後の過程まで厳重に品質管理し、安全性を保ちつつ環境にも配慮しています。

原材料は、品質はもちろんのこと、安全性や適法性にも着目しながら選び、ロイヤルカナン独自の厳しい基準をクリアした生産者のみから仕入れをしています。また、原材料納品後も、その成分がロイヤルカナンの規格をクリアしているかどうかも必ず確認をしています。

これらはひとつの工場だけでなく、世界中のロイヤルカナンの工場で実施されており、原材料の品質は全工場で一定水準基準に達しています。

「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用フードの口コミ評判

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

では最後に、「ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)」専用フードをすでに利用したことがある方の口コミ評判をみてみましょう。

良い口コミ評判

・「2歳のチンチラを飼っています。残さずにキレイに食べてくれました。形も食べやすそうです。うちの子はお腹が弱くて壊しやすいのですが、こちらのフードは体質に合ったようです。」

・「1歳のペルシャです。食いつきがとても良かったです。粒の形が食べやすそうで気に入りました。安心して与えることができるフードだと思います。」

・「フードがお皿の外にこぼれなくなりました。やはりペルシャ専用に設計された粒のおかげだと思います。食べやすいようです。嬉しそうに食べている姿がみれて、こちらも嬉しくなります。このままリピートしようと思います。」

・「うちの子はいつもフードに飽きやすいのですが、ロイヤルカナンはしっかり食べてくれます。」

・「保管がとてもラクです。よく食べてくれるのでこれからも続けようと思います。」

・「チンチラの1歳に与えています。毛並みがフワフワになりました。フードの効果を実感しています。」

・「2歳のチンチラ(メス)は、とてもグルメな子です。今までさまざまなフードを試してみましたが残したり、時には吐いてしまうこともありました。でも、ロイヤルカナンに切り替えてかは一度も吐くことなく、キレイに食べてくれます。お値段は少々高いですが、猫種専用に特化したフードのすごさを感じました。」

・「こちらのフードは、ゆっくりよく噛んで食べてくれます。毛並みがよくなりました。」

・「食が細い子なのですが、ロイヤルカナンはよく食べてくれます。」

・「食べやすそうな形をしています。においも特に気になりません。」

・「食いつきがとてもいいです。ロイヤルカナンは下痢や吐くなどの症状がでないので、うちの子には合っているみたいです。やはり専用フードに特化しているキャットフードは、特徴をつかんでいると思いました。」

・「いつも毛玉を吐いていましたが、ロイヤルカナンに切り替えてからは全く吐かなくなりました。フードの大切さが分かりました。」

悪い口コミ評判

・「食べてくれませんでした。」

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード