「ロイヤルカナン・メインクーン専用」ってどう?特徴、評判のまとめ!

「ロイヤルカナン・メインクーン専用」ってどう?特徴、評判のまとめ!

その当時は、ペットのさまざまなトラブルは薬で治療することが当たり前でしたが、フードで病気の改善をすることを目指し、レシピ設計されたのがロイヤルカナンです。それ以来、ロイヤルカナンは進化し続け、日本も含めた世界中の獣医師や愛猫家から信頼性の高いフードとして支持されています。猫や犬の健康のことを第一に優先し、最良の栄養学的な答え「ヘルスニュートリーション」を提供することを大切にしているロイヤルカナンは、各種猫の異なる栄養素の要求に応じるため、数多くのラインナップを用意しています。

ロイヤルカナンは、動物病院でもすすめられる知名度の高いキャットフードのひとつです。1967年にフランスの獣医師によって開発されたロイヤルカナンは、”皮膚病を患う犬たちを、薬を使わずに食事で健康にしてあげたい”という強い想いから誕生しました。

猫種ごとに特化した「ロイヤルカナン」の猫種専用フード

ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)

ロイヤルカナンは、豊富なラインナップが用意されています。

いくつかのシリーズに分類されていますが、ロイヤルカナン(メインクーン)は、「フィーライン ブリード ニュートリション(FBN)」、つまり、猫の種類によって使い分けるキャットフードに分類されます。

このシリーズには、専用フードが7種類用意されている

・大きな身体を支える「メインクーン」 ・豪華な長毛と珍しい食べ方をする「ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン」 ・活発で太りやすい体の「アメリカンショートヘアー」 ・水を弾くダブルコートを持つ「ノルウェージャンフォレストキャット」 ・筋肉質で力強い身体の「ブリティッシュショートヘアー」 ・絹のようなソフトな被毛をもつ「ラグドール」 ・食べるスピードの早い「シャム」

ロイヤルカナン「フィーライン ブリード ニュートリション メインクーン専用フード」

ロイヤルカナンの「フィーライン ブリード ニュートリションメインクーン 専用フード」は、ロイヤルカナンがメインクーンの健康のために栄養バランスを開発したフードです。

柔らかくてきめ細かなアンダーコートを持つメインクーンは、猫の中で最も大型な猫種です。そのため、大きな身体を支える関節や心臓の配慮が必要です。

このフードには、それらの健康を維持するためにグルコサミン、コンドロイチン硫酸、タウリンなどを配合しています。ロイヤルカナン独自の猫種に対応したレシピ設計が、愛猫の健康をサポートします。

「メインクーン」はどんな猫?

Beautiful silver Maine Coon cat in a bright room

メインクーンをすでに飼っている方ならご存知の通り、最大の特徴は身体の大きさです。オスの場合、成猫期には体重が10㎏、体長1mにまで成長する子もいます。

特徴的な見た目

身体が大きい猫の特徴は、成長に時間がかかることと、大きな身体を支えるために心臓や関節などに負担がかかりやすいことです。そのため、太らせないようにすることが大切です。

またもうひとつの特徴は、サラサラの毛並みです。メインクーンの毛は、密度が高くて柔らかく、滑らかなな毛並みをしています。

毛が長いのでしっかりグルーミングをしてあげる必要があります。中にはグルーミングを嫌がる子もいますが、長毛種にとってグルーミングはとても大切なケアなので、愛猫にストレスがかからない方法を見つけてケアをしてあげるようにしましょう。

飼い主の方の中には、”毛が長いからシャンプーも必要なのでは?”と思われている方もいるかもしれません。猫は、身体が濡れることを嫌います。ですから、無理にシャンプーをする必要はありません。むしろ、毎日ブラッシングをしているなら、シャンプーをする必要はないでしょう。

タンパク質摂取で被毛の状態を管理

Protein diet: raw products on the wooden background

食事から摂取したたんぱく質の25~30%が皮膚や被毛に使われ、影響を与えると言われています。つまり、猫の皮膚や被毛の状態を確認すれは、フードの栄養が行き届いているかどうかチェックできるということです。

美しい毛並みを維持できるよう、良質なたんぱく質が豊富に含まれているフードを選ぶようにしましょう。

そんなメインクーンは、アメリカのメイン州原産の猫です。その大きな見た目から、野生の猫とアライグマの交配されたという言い伝えがあります。そのため、メインクーンという名前は、メイン州の「メイン」とアライグマの「ラクーン」から由来しています。

しかし、実際のところ、遺伝子的には不可能なので、猫とアライグマの交配によって誕生したわけではありません。おそらくメインクーンのコートや尻尾の模様がアライグマに似ていることから想像されたのだを思われます。

また、メインクーンは水遊びが好きなので、水遊びをしている姿がアライグマに見えたのかもしれない、と言われています。

「ロイヤルカナン(メインクーン)成猫用」キャットフードの原材料とは?

原材料と成分

・原材料

家禽*ミート、米、とうもろこし、動物性脂肪、植物性分離タンパク、コーングルテン、植物性繊維、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、大豆油、魚油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ルリチシャ油、緑茶抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、K、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

・成分

たんぱく質:29.0 %以上、脂質:18.0 %以上、粗繊維:6.1%以下、灰分:8.0%以下、水分:6.5 %以下、食物繊維:12.0%、ビタミンA(1kg中):30,000 IU、ビタミンD3(1kg中):800 IU、ビタミンE(1kg中):600 mg、カロリー含有量(代謝エネルギー):403 kcal/100g
出典:https://www.amazon.co.jp/ロイヤルカナン-FBN-メインクーン-成猫用-2kg/dp/B000T5N954/

「ロイヤルカナン(メインクーン)成猫用」キャットフードの原材料を詳しく解析!

Close up portrait of black tabby Maine Coon cat on green background with copy-space and sunlight. Adorable young cute male cat looking away. Pets walking outdoor adventure.

上記で確認した原材料のいくつかを詳しく解析してみましょう。

肉類

Raw meat

ロイヤルカナンのメインクーン専用フードは、第一原材料に「鶏」と「七面鳥」を使用しています。肉食動物に該当する猫は、肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質を必要としています。

メインクーン専用フードで使用している鶏肉は、高たんぱくである上、ビタミンやリン、セレンなどの猫が必要とするミネラル類も豊富に含まれています。さらに、本来狩りをしていた猫にとって鶏肉は慣れしたんだ味なので、嗜好性も高く、食いつきがいいフードとなります。

また、七面鳥は鶏肉よりもコレステロール値が低く、脂肪も少ないので、体重管理が必要なメインクーンに最適な食材と言えます。七面鳥には豊富なミネラルも含まれていますし、免疫力向上をサポートする成分も豊富に含まれています。

穀物

Cereal grains , seeds, beans on wooden background.

第二原材料には「米」、そして、第三原材料には「トウモロコシ」と続けて穀物が使用されています。それ以外にも「コーングルテン」が使われています。

肉食動物である猫は、これら穀物の消化吸収を苦手としています。なぜなら、猫には穀物を消化するためのアミラーゼという酵素が体内に存在していないことや、胃が小さく小腸が短いという身体のつくりから、穀物の摂取は重要とされていません。

特にとうもろこしや小麦は、消化不良やアレルギーを引き起こす食材として知られています。メインクーン専用フードもトウモロコシやコーングルテンが使用されているので、アレルギーを発症させる可能性があります。すでに穀物アレルギーのある猫に与えることはできませんし、今はアレルギー症状がなくても、いつアレルギーが発症するかは分からないので注意が必要です。

第二原材料と第三原材料に穀物が使用されていうので、フード全体の割合からみるとかなりの量が使用されていることが予想されます。ですから、ずっと与え続けるなら、アレルギー発症のリスクを高めることになると言えるでしょう。

油脂

Vegetable oil background

油脂は猫の皮膚や被毛の健康維持、また、脳や眼の成長、そしてエネルギーにもなるとても大切な食材です。

メインクーン専用フードでは、「動物性油脂」、「大豆油」、「魚油」、「ルリチシャ油」が油脂として使用されています。

魚油やルリチシャ油からは、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸など美しい被毛や健康な皮膚に欠かせない栄養素が得られます。これら不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸は、猫の体内で生成することができないので、食事から摂取する必要があります。

原材料表示で気になるのは、動物性油脂です。動物性油脂とはその名前の通り、動物から搾りとった油脂ですが、何の動物の脂を使用しているのか分かりません。もしかすると複数の獣の脂をブレンドしているのかもしれませんし、破棄するような粗悪な部位から脂肪を抽出しているかもしれません。

さらに最悪な場合、病気で薬物に汚染された家畜の脂や腐りかけている肉を使用していることもあります。このような粗悪な脂は酸化も早いため、加工段階で大量の酸化防止剤を使用します。加工段階に使用する酸化防止剤は、原材料表示欄へ記載する義務はありません。つまり、どれほど強い酸化防止剤を使用していても消費者にはわかりません。

良心的なキャットフードの場合、使用している油脂をすべて明らかにし、飼い主に不安を抱かせないよう配慮されています。ロイヤルカナンのキャットフードは、猫の健康を第一に考えてレシピ設計されていますので、このような粗悪な油脂は使用していないと思われますが、何を使用していると記載されていないので不安は残ります。

ビートパルプ

ビートパルプは、砂糖大根から搾りとったカスです。これには食物繊維が豊富に含まれているので、食物繊維の補給やフードのかさ増しのために使用されます。ほとんど栄養価はないので、キャットフードに使用する意味はないとも言われています。

また、ビートパルプには便をかためる作用があるので、便秘気味の愛猫の場合は症状が悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。

「ロイヤルカナン(メインクーン)成猫用」キャットフードの給与目安量はどれくらい?

Side view of attractive young woman with abstract digital brain. Brainstorm and robotics concept. Double exposure

成猫用のフードの給与目安は、活動量や避妊・去勢の有無によって変わります。おおよその目安量は、次のようになっています。

(活動量が少ない猫・避妊や去勢をしている猫・代謝エネルギーが少ない猫) ・体重4㎏:41g

・体重5㎏:48g

・体重6㎏:55g

・体重7㎏:61g

・体重8㎏:67g

・体重9㎏:73g

・体重10㎏:79g

(活動量が多い猫・避妊や去勢をしていない猫・代謝エネルギーが標準な猫) ・体重4㎏:52g

・体重5㎏:60g

・体重6㎏:69g

・体重7㎏:77g

・体重8㎏:84g

・体重9㎏:92g

・体重10㎏:99g

上記の量を参考に、1日の給与量を1~数回に分けて与えましょう。

あくまでも目安量ですので、個体差や活動量に応じて適切な量へ調整されることをおすすめします。

「ロイヤルカナン(メインクーン)成猫用」キャットフードの口コミ評判とは?

Spreading Secrets

では最後に、「ロイヤルカナン(メインクーン)成猫用」専用キャットフードの口コミ評判をみてみましょう。

・「以前はヘアボールケアフードを与えていました。1歳を迎えたのを機会に、ロイヤルカナンのメインクーン専用フードへ切り替えました。

最初はキブル(粒)の大きさに戸惑い、慣れるまでは噛んだときに口からフードが飛び出したりしていましたが、最近は上手にカリカリッと美味しそうな音を立てながら食べれるようになりました。

かかりつけの獣医師さんも、フードの粒は大きいほうが顎や歯の健康のために良いとすすめられています。毛玉を吐く回数も減ったのでフードの質の良さを実感しています。」

・「今まではロイヤルカナンのインドアをあげていました。メインクーン専用フードのサンプルをいただき試してみたところ、食いつきよく美味しそうに食べてくれました。長毛種なので毛玉ケアもできるので、メインクーン専用フードに切り替えようと思います。」

・「うちの子はメインクーンで、4歳になります。ずっとロイヤルカナンのメインクーン専用フードを食べています。飽きずに美味しそうに食べてくれるので、うちの子には合っているみたいです。」

・「うちはラグドールですが、メインクーン専用フードが気に入っています。かなり大粒のフードですが、それが気にいっているようです。バリバリと美味しそうに音を立てながら食べています。

子どものころからずっとロイヤルカナンをあげています。でも、一度だけ別のプレミアムキャットフードを与えたことがあり、結石がでてしまいました。すぐにロイヤルカナンに戻してからは、体調を崩さず元気でいてくれます。

うちの子にはロイヤルカナンが合っています。これからもリピートしていくつもりです。」

・「我が家のメインクーンにロイヤルカナンのメインクーン専用フードをあげたところ、美味しそうにカリカリ音を立てて食べてくれました。

今までのフードは、粒が小さかったので飲み込んでいましたが、こちらのフードは噛み応えがあるので身体にもいいと思います。さすがメインクーンの特徴を理解した専用フードだと思います。」

・「とても食いつきがいいです。食べるときの音が気に入っています。」

・「メインクーン専用フードにしてからは、いつもキレイに残さず食べてくれます。食欲が落ちたことは一度もありません。」

・「見た目はとても大粒です。でもメインクーンにはちょうどいいみたいです。あっという間にキレイに完食してくれます。」

・「今までのフードは丸のみしていました。そのため、お腹の調子が優れませんでした。メインクーン専用フードの存在を知り、それに切り替えてからは、きちんとかみ砕いて食べるようになり、お腹も壊さなくなりました。」

・「メインクーン専用フードは、まずぞの粒の大きさに驚きました。でも、愛猫には全く問題なく、美味しそうに食べてくれます。

一般のフードと比較するとお値段は張りますが、メインクーン専用に配慮してもらっているフードなので安心感があります。これからもリピートします。」

・「美味しそうな音をたてながら、食いつきよく食べてくれます。毛並みもサラサラで気持ちいいです。」

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード