キャットフード「ホリスティックレセピー」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「ホリスティックレセピー」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

「ホリスティックレセピー」というキャットフードを聞いたことがありますか?アメリカでつくられているキャットフードですが、猫の身体のことを考えて作られているこだわりのキャットフードです。今回はそんな「ホリスティックレセピー」の原材料や成分を徹底解析して、愛猫に安心して与えることができるキャットフードかどうか見てみましょう。実際に購入した方の口コミ評判も合わせて紹介したいと思います。

ホリスティックレセピーとは?

ホリスティックレセピーは株式会社パーパスが販売しているキャットフードです。

ホリスティックレセピーはアメリカで製造されてるキャットフードですが、日本独特の気候(四季)や住環境、生活環境を念頭に置いて開発された日本の猫専用のキャットフードなのです。興味深いですね。

ホリスティックレセピーの特徴

ホリスティックレセピーの特徴は何でしょうか?ホリスティックレセピーは愛猫の健康を考えた有効成分を配合しています。

原材料

猫の健康をサポートするようなクランベリーパウダー、チコリエキス、乳酸菌、アルファルファミールなどが配合されています。

おなかの調子を整えたり、尿路結石に配慮し尿のpHを整えるなどの働きをしてくれます。

尿結石に配慮

猫は下部尿路結石を患いやすい傾向にあります。

そこで尿結石の原因となるマグネシウムを制限しています。

ヘアボールに配慮

beautiful scottish cat

猫はキレイ好きの動物ですので自分で毛繕いをしますが、この時被毛を体内に取り入れてしまいます。体内に入った被毛は毛玉(ヘアボール)となって、うまく排出できないと便秘や腹痛の原因となってしまいます。

ホリスティックレセピーでは異なる繊維質を豊富に配合して、ヘアボールの排出をサポートします。

免疫力維持

合成保存料や合成着色料、人工香料といったからだに害となりかねない添加物は使用せず、バランスよい栄養が取れるよう配合されています。バランスの良い栄養によって本来持っている免疫力を高めることができます。

おなかの健康維持

おなかの健康維持にために醸造酵母や消化吸収速度の違う炭水化物を数種類配合しています。ゆっくり消化吸収されおなかの健康をサポートします。

皮膚や被毛の健康維持

Animal and vegetable sources of omega-3 acids as salmon, avocado, linseed, eggs, butter, walnuts, almonds, pumpkin seeds, parsley leaves and rapeseed oil

必須脂肪酸の一つであるオメガ3脂肪酸を含む「ひまわり油」の配合によって、皮膚や被毛の健康をサポートします。

キレート化ミネラル

ミネラルは健康維持にかかせない栄養成分ですが、単体ではなかなか吸収されにくいという一面を持っています。そこでアミノ酸で包むことによって吸収率を高めています。

新鮮なフードを届ける

ホリスティックレセピーは新鮮で高品質なフードを届けるため、小分け包装となっています。

一度開封してしまうとその時点から酸化が進んでしまうのですが、ホリスティックレセピーは400gごとのアルミパックの小分けになっているので、フードの酸化や風味の劣化を最小限に抑える工夫がされています。ですからいつでも新鮮なフードを与えることが可能になっているのです。

原材料と成分

・原材料

鶏肉、鶏肉粉、米、豆粉、鶏脂、乾燥卵製品、豆タンパク、ポテトタンパク、ツナミール、ナチュラルフレーバー、酵母エキス、ひまわり油、アルファルファミール、ビートパルプ、オーツ麦繊維、トマト粗、醸造酵母、亜麻仁、クランベリーパウダー、チコリエキス、ユッカフォーム抽出物、塩化カリウム、塩化ナトリウム、リン酸、DL-メチオニン、タウリン、アスコルビン酸、イノシトール、塩化コリン、ミネラル類(アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化コバルト、鉄、亜鉛、炭酸カルシウム、銅、マンガン、セレン、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、B1、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)、サッカロマイセス・セレビシエ、ラクトバチルス・アシドフィルス、エンテロコッカスフェシウム、アスペルギウス・ニガー、バチルス・サブチルス、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)

・成分

たんぱく質32.0%以上、脂質19.0%以上、粗繊維5.0%以下、粗灰分8.0%以下、水分10.0%以下、マグネシウム0.1%以下、カルシウム1.0%以上、リン0.8%以上、タウリン0.18以上、代謝エネルギー365kcal/100gとなっています。
出典:https://www.amazon.co.jp/【1kg単位小分け済み品】ホリスティックレセピー-猫シニア-7歳以上-チキン-15kg/dp/B00GAMRGJK/

キャットフードの理想である高たんぱく、低カロリーのフードとなっています。まさに日本の室内飼いされている猫のことを考えて作られたフードといえるでしょう。

肉類

a chicken sunset

ホリスティックレセピーの第一原材料は「鶏肉」となっています。第二原材料にも「鶏肉粉」となっているので、つまり主原材料が鶏肉であるといえます。猫は肉食動物ですので、肉が主原材料になっていることは素晴らしいことです。なぜなら猫が一番必要としている栄養素は肉や魚から摂取できる「動物性たんぱく質」だからです。

しかもホリスティックレセピーで使用している鶏肉は高たんぱくでありながら低脂肪の猫にピッタリの肉です。ビタミンやミネラル、リンやセレンが多く含まれており、免疫力を高めるサポートもしてくれます。そして鶏肉は猫が好きな肉なので嗜好性の高いフードに仕上がります。

中には「鶏肉粉」という表現を気にする方もいるかもしれませんね。一般的に「○○ミール」「○○粉」というと粗悪な部位を乾燥粉砕させて使用していることがあるからです。もしかしたら本来なら破棄にするような鶏のとさかやくちばし、骨、羽根、血液、足などを使用している可能性もあります。こういった部位は栄養価が低く消化もよくないため、愛猫家が避けたいとしている原材料の一つといわれています。

しかしプレミアムフードの中にはあえて、乾燥させた肉粉を使っている場合もあります。乾燥粉砕させることで栄養価が凝縮し、消化も良くなるためです。

ホリスティックレセピーの場合は鶏肉粉がどんな部位を使用しているか明らかにしていないため、安全性がはっきりとわかりません。できればヒューマングレード素材を使用していることや、どんな部位を使用しているか等明らかにしてくれると安心ですね。

穀物

肉類に次いで記載されているのが穀物です。ホリスティックレセピーでは「米」が使用されています。近年グレインフリーキャットフードが増えているので、穀物が使用されていることを気にされる方もいることでしょう。

肉食動物である猫の胃は小さく、腸も短いためじっくり消化しなければいけない穀物の消化には適していないのです。そのため消化ができす消化器官を弱めて下痢やおう吐をする場合もあります。さらに穀物には大量の炭水化物が含まれているため、肥満の原因ともなります。また穀物はアレルゲンともなるので、グレインフリー(穀物不使用)が注目されています。

ホリスティックレセピーはトウモロコシや小麦といった猫がアレルギーを起こしやすい穀物は使用していません。また米は比較的消化にもよく食物繊維やミネラルなどを摂取できます。ですからそこまで心配しなくても良いかもしれませんね。

しかし穀物であることに変わりはないので、穀物アレルギーのある猫は注意が必要です。

油脂

猫が必要としている栄養素にはさらに「脂質」がありますが、ホリスティックレセピーでは「鶏脂、ひまわり油」を使用しています。

鶏脂は不飽和脂肪酸が特にオメガ6脂肪酸が豊富に含まれており、またひまわり油もオメガ3脂肪酸を多く含むので、猫の美しい皮膚や被毛の維持をサポートします。

さらにひまわり油は抗酸化作用を持っているオレイン酸やリノール酸という血中コレステロールを下げる成分も含まれているためキャットフードにはぴったりの油といえます。

どんな動物の脂肪を使用しているかわからない酸化の早い粗悪な原材料のひとつである「動物性油脂」を使用していないことも、安心して愛猫に与えることができる理由の一つです。

食物繊維

ホリスティックレセピーではヘアボール対策としていくつかの繊維質を配合しています。「ビートパルプ、オーツ麦繊維」などがあります。

たしかに繊維質は必要なのですが、ビートパルプの使用に関しては賛否が分かれます。

ビートパルプとはサトウダイコンから砂糖を取り出した搾りかすのことですが、繊維が豊富なためうんちを固める効果が期待できます。

しかし大半のビートパルプは薬剤処理で作られるためビートパルプに薬剤が残留している可能性があるのです。もちろん残留薬物はわずかとはいえ残留薬物の影響で排せつ伝達信号に影響を及ぼし便秘になることもあるようです。

またビートパルプにはウンチをかためる作用があるため、消化不良を起こしていてもうんちが固まるため、体調の変化に気付くのが遅くなってしまう可能性もあります。

こうしたことを考えるとビートパルプの使用はあまりおすすめできるものとは言えません。

ナチュラルフレーバー

ナチュラルフレーバーは天然香料のことで嗜好性を高めるために使用されています。天然のものですので体に悪いものとはいえませんが、どうして香料を使用しなければならないのかが疑問です。

質の良い新鮮な肉や魚をふんだんに使用していれば素材そのもののうまみや香りがあるので、わざわざ香料や味をつけなくても嗜好性が高いフードに仕上がるはずです。質の良い原材料を使用しているキャットフードにはナチュラルフレーバーは使用されていません。

ですからもしかしたら使用している「鶏肉粉」が質の良くないものなのかもしれないと想像してしまいたくなりますね。

添加物

ホリスティックレセピーは合成の酸化防止剤を使用せず、天然由来の安全性の高いミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキスを使用しています。

合成酸化防止剤は大変強力ですが、健康被害を及ぼす可能性もあるので大変危険です。特にBHT、BHA、エトキシキンといった酸化防止剤は発がん性や内臓疾患、アレルギーなどのリスクが高いため、人間の食品への使用も制限や禁止されている酸化防止剤です。エトキシキンはベトナム戦争でアメリカ軍が枯葉剤の酸化防止に使用した過去がある強力な酸化防止剤です。

ホリスティックレセピーはこういった合成酸化防止剤を使用せず、天然のものを使用しているので安心して愛猫に与えることができます。しかし合成酸化防止剤に比べて酸化防止力は弱いため、開封後は 早めに消費するようにしましょう。

ホリスティックレセピーのラインナップ

ホリスティックレセピーは4種類のラインナップが用意されています。

ホリスティックレセピー 猫用 7歳まで

子猫から7歳までの猫用です。異なる繊維質の配合でヘアボールに配慮しています。

ホリスティックレセピー 猫シニア用 7歳から

7歳以上のシニア猫用です。こちらも繊維質を配合しヘアボールに配慮しています。

ホリスティックレセピー 猫ライト 体重管理 去勢猫用

ホリスティックレセピー 猫ライト 体重管理 去勢猫用

体重管理をしたい猫や去勢手術後の猫用となっています。猫用に比べて脂肪分が50%カット、カロリーも13%カットしています。

ホリスティックレセピー 猫用 EC-12乳酸菌 7歳まで

乳酸菌の配合でおなかの健康をサポートします。100gあたり1100億個以上の乳酸菌を配合してます。

サイズは330g、1.6kg、4.8kg、15kgとなっています。

15kgは大袋ですが、1.6kgと4.8kgは400gのアルミ小分けパックになっているので鮮度を保つことができます。

ホリスティックレセピーの口コミと評判

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

ここからホリスティックレセピーの口コミを見ていきたいと思います。

ホリスティックレセピーの良い口コミ

ホリスティックレセピーの良い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「よく食べてくれる」 食いつきが良い、よく食べてくれると好評です。猫が好きな鶏肉が主原材料になっていること、嗜好性の高い鶏脂を使用していること、またナチュラルフレーバーを使用していることも嗜好性の高いフードになっていることに挙げられるでしょう。

またアルミの小分けパックになっているので風味の劣化を抑えられているのかもしれませんね。

「小分けになっていること」 アルミの小分けパックになっていることへの評価も高いです。いつでも新鮮なフードを与えることができる点や保存や持ち運びに大変便利だという声が多く聞かれます。

フードが酸化しにくいため品質や風味を維持できることもいいですね。

「便の調子がよくなった」 ホリスティックレセピーを与えるようになってからうんちの調子が良くなったという声も多数あります。複数の繊維質を配合していることや、酵母などの作用が働いているのでしょう。

もしかしたらビートパルプが配合されているのでしっかりしたウンチが出るのかもしれませんね。

「コスパが良い」 プレミアムフードにしては安い方なので、コスパが良いと人気があります。グルテンフリーのフードのわりに安価なのでお財布にもやさしいと評判です。

ホリスティックレセピーの悪い口コミ

ホリスティックレセピーの悪い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「便秘になった、下痢になった」 猫によっては下痢をしたり便秘をする猫もいるようです。

比較的消化が良いとはいえ穀物が使用されているため、穀物アレルギーの猫は消化不良を起こしているのかもしれません。またビートパルプの影響によって便秘を起こしている可能性もあります。

「食べてくれない」 個体差があるので、中には食べてくれないくれない猫もいるようです。

ホリスティックレセピーの口コミのまとめ

全体的には良い口コミが多く、おなかの調子が良くなった、よく食べてくれるなど高評価のフードとなっています。また小袋になっていることも好評ですね。保存が楽であることや鮮度を保てることが人気です。

悪い口コミは比較的少ないですが、中にはおなかの調子が悪くなってしまった猫もいるようです。

また食いつきに関しては個体差があることなので、実際に与えてみないとわかりませんね。

まとめ

今回はホリスティックレセピーの原材料、成分を徹底解析してみました。

猫が抱えがちなヘアボールや尿路結石、おなかの健康などのトラブル対策を考え、また健康な皮膚や被毛の維持や体重管理など猫の必要を考慮しているフードであることがわかったのではないでしょうか?

無添加でプレミアムフードのわりにコスパもよく、口コミ評価も高いフードですので、割とおすすめできるキャットフードといえるでしょう。食いつきに関しては個体差があるので、もし愛猫が食べてくれるようなら一度試してみてもいいかもしれませんよ。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード