キャットフード「フィーラインナチュラル」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「フィーラインナチュラル」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

ニュージランド産のキャットフード「フィーラインナチュラル」を紹介したいと思います。自然豊かなニュージーランド産ということで、原材料にもこだわりが見られるフリーズドライ食です。普通のドライフードとは少し違いますよ。では「フィーラインナチュラル」の原材料や成分を徹底分析して、安心して愛猫に与えることができるものかどうか見てみたいと思います。実際にフィーラインナチュラルを購入した方の口コミも合わせて紹介します。ぜひ購入の参考にされてみてください。

「フィーラインナチュラル」ってどんなキャットフード?

フィーナインナチュラル

www.k9natural.jp

まずフィーラインナチュラルとはどんなキャットフードなのか紹介したいと思います。

フィーラインナチュラルとはニュージーランドの「K9ナチュラルフード社」が販売しているペットフードで、日本では「株式会社K9ナチュラルジャパン」が正規販売代理店として販売しています。

K9ナチュラルの開発者は最愛のパートナーである犬たちを失ったとき、「何か恩返しはできないか?」と考えはじめ、行き着いたのが「食事」です。生肉を犬たちに与えるようになってから愛犬の体調が良くなったことをきっかけに、新鮮な生肉を使用したフードの開発を始めました。犬の祖先である狼の食事をもとにレシピの研究開発が始まり、生肉に新鮮な野菜やくだものを組みあわせたフードが完成しました。

高品質のキャットフード

世界中から品質の高い原材料を選ぶ過程で選ばれたのが自然豊かな「ニュージーランド」です。食物に関する安全管理も徹底されたニュージーランド産の原材料を使うことで、商品化されたのがこの「フィーラインナチュラル」です。

猫も犬同様肉食動物であるので、生肉を使ったフードが体に良いということができるでしょう。

「フィーラインナチュラル」の特徴

では「フィーラインナチュラル」の特徴を見てみましょう。

ニュージーランド産の原材料

Mt. Cook

フィーラインナチュラルでは、ニュージーランドの広大な自然で育てられた人間の食用の肉を使用しています。

ニュージーランドの自然な大地で放牧された家畜の肉を使用しています。これら家畜には成長ホルモンや抗生物質など一切使用していませんし、ニュージーランドはこれまでBSEや口蹄疫も発生していないので安心です。当然病死した家畜の肉や本来なら破棄にするような部位が使用されることもありません。

当然野菜やくだものも品質の良い新鮮なものを使用しています。

穀物不使用の生食フード

肉食動物である猫には肉類を中心とした食事が一番です。猫にとって必要な栄養素を自然の食材からとることができるように上質な生肉、血液、骨、内臓なども使用しています。なんとキャットフードでは99%以上が肉類という含有率です。肉食動物の猫によっては本当にうれしいですね。食いつきの良さも想像できるでしょう。

肉食動物の猫の身体のつくりは、肉を消化しやすくなっています。ですから主に肉類を使用しているということは、消化吸収も良いフードということができるでしょう。

そしてフィーラインナチュラルは猫が消化吸収を苦手としアレルゲンともなりかねない穀物は一切使用していません。

肉食動物である猫は胃が小さくて腸が短いため、肉の消化に適した体のつくりをしていますが、穀物の消化には適していません。特に小麦に含まれているたんぱく質の一種であるグルテンに対してアレルギーを持っている猫は少なくありません。そのため穀物を摂取すると下痢やおう吐の消化不良を起こしたり、皮膚のかゆみ、発疹、脱毛、涙やけといった皮膚疾患を起こすこともあります。

しかし市販のキャットフードではつなぎやかさ増し目的で穀物が使用されていることが多くあります。

ところがフィーラインナチュラルではこういった穀物、イモ類、豆類は使用していないので、安心して愛猫に与えることができます。

非加熱フリーズドライ製法

フィーラインナチュラルは新鮮な原材料の旨味と栄養素をそのまま届けるために、独自の製造方法を採用しています。それが「非加熱フリーズドライ製法」です。

新鮮な原材料を新鮮なうちに冷凍加工します。そして食材をミックスしたら、減圧器の中で真空状態にして水分を水蒸気化させます。こうして乾燥させることでフリーズドライ化させるのです。

この加工方法によって素材そのものの風味や栄養素をそのままに水分を抜くことができます。さらに加工時に温度が45度以上にならないようにすることで、栄養素はそのまま、そして酵素や乳酸菌も壊さずそのまま腸内へ届けることができるのです。

素材そのものの香りや味があるので砂糖や塩、調味料、香料などを添加しなくても、嗜好性の高いフードとなっているのです。つまり余計な添加物の必要がないのです。

また水分を抜いているということは保存がきくということでもあります。余計な保存料、防腐剤などの添加物などが必要ありません。

与える際は本来の食事に近づけるために水かぬるま湯を加えて、生食にしてから与えます。

フィーラインナチュラルのラインナップ

フィーラインナチュラルは数々のラインナップがあります。

フリーズドライキャットフード

・フィーラインラムグリーントラップ ・チキン&ラムフィースト ・ラム&キングサーモンフィースト ・ビーフ&ホキフィースト

缶フード

・チキン&ラムフィースト ・ラムグリーントライプハイドレーション ・チキン&べニソンフィースト ・ラム&サーモンフィースト ・ビーフ&ホキフィースト

「フィーラインナチュラル」の原材料と成分

では早速「フィーラインナチュラル」の原材料を見てみましょう。今回はフィーラインナチュラルのフリーズドライキャットフードの中でも人気の高い「チキン&ラム・フィースト」の原材料を見てみたいと思います。原材料は以下のとおりです。

・原材料

鶏肉(人間食用の家禽から生産される)、心臓(子羊)、腎臓(子羊)、肝臓(子羊)、血(子羊)、フラックスシードフレーク、ニュージーランド緑イ貝、乾燥昆布、タウリン、ビタミンE、酸化マグネシウム、プロティネイト亜鉛、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ビタミンB1、ビタミンD3、葉酸となっています。

・成分

粗たんぱく質48.0%以上、粗脂肪31.0%以上、粗繊維1.0%以下、粗灰分9.0%以下、水分8.0%以下、エネルギー485.7kcal/100gとなっています。
出典:https://www.k9natural.jp/キャットフード/フリーズドライキャットフード/チキン&ラム・フィースト.html

数値を見てみるとたんぱく質が48.0%、脂肪が31.0%と駆らり高たんぱく、高脂肪になっています。しかしこれはフリーズドライの状態ですので、実際に与える際は4倍の水分を加えるため、成分も4倍へ希釈します。

とはいえ肉を多く使用しているということで高たんぱくなフードとなっているので、腎臓や肝臓の弱っている猫は注意が必要です。高たんぱくは腎臓や肝臓に負担を欠けてしまうので、特に高齢になって腎臓や肝臓の働きが弱ってきたリ、何らかの疾患を持っている猫は注意が必要です。

では詳しく見てみましょう。

肉類

上記でも紹介したように、フィーラインナチュラルは肉をふんだんに使用しているキャットフードです。なんと肉の含有量99%というのですから驚きですね。ここまで肉を使用したキャットフードはなかなか見つけられないでしょう。

チキン&ラムでは鶏肉、子羊の腎臓、腎臓、肝臓、緑イ貝を使用しています。

鶏肉は高たんぱくで猫が好きな肉であります。またビタミンやミネラルも豊富で、セレンという免疫力を高める成分も含まれているので、愛猫の健康をサポートできるでしょう。ラムもたんぱく質が豊富で低脂肪な肉です。鶏肉よりもさらに低脂肪でカロリーも低いと言われています。そんな子羊の栄養豊富な内臓を使用しています。ですから栄養価は高いのにとてもヘルシーといえるでしょう。

また緑イ貝にはグルコサミンやコンドロイチンが豊富に含まれているので、愛猫の足腰強化に役立ちます。シニア期に入った猫におすすめです。そして不飽和脂肪酸の一つであるオメガ3脂肪酸も豊富に含まれているので、愛猫の美しい皮膚や被毛の健康維持をサポート、そして抗炎症作用も期待できます。

ちなみに ・チキン&べニソンでは鶏肉、鶏の心臓、鹿の腎臓と肝臓 ・ラム&サーモンでは子羊の心臓とサーモン、そして子羊の腎臓と肝臓 ・ビーフ&ホキでは牛の心臓、ホキ、牛の肉と腎臓と肝臓を使用しています。

このようにすべてのシリーズで肉類をふんだんに使用しているのです。しかも使用している肉はすべてニュージーランドの自然豊かな大地で放牧された健康な家畜の肉です。ホルモン剤や抗生物質は一切使用していませんし、病死した家畜の肉や粗悪な部位も一切使用していません。

サプリメント

フィーラインナチュラルでは食材から栄養素をしっかり摂取できるようにしていますが、原材料によっては季節ごとに栄養価は変わるため、必要最低限のサプリメントを使用しています。

ここで使用されているビタミンEは天然の酸化防止剤ともなっていますので、からだに害を及ぼしかねない合成酸化防止剤を使用せずにすみます。

フードの与え方

フィーラインナチュラルはフリーズドライなので、与え方も簡単です。

適切なフードの量を知るためには愛猫の正確な体重を知る必要があります。ですから愛猫の体重を測って給与量ガイドに従って給与量を準備しましょう。

フードを用意したら分量の水か37度以下のぬるま湯を加えてかき混ぜるだけです。水の量はフード1に対して水が3となります。子猫やシニア猫など完全に水分に戻して与えたい場合は水分を加える前に粒を細かく砕いておくと良いでしょう。食べやすくなります。

こうして完成したフードは新鮮な生肉食と同じような栄養価となります。

「フィーラインナチュラル」の口コミ評判

Three young men whispering each other and to shocked astonished guy in the ear. Word of mouth.

ではここからは実際にフィーラインナチュラルを購入した方の口コミ評判を見てみましょう。

「フィーラインナチュラル」の良い口コミ

ではフィーラインナチュラルの良い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「食いつきがよい」 食いつきに関する口コミが圧倒的多数です。食いつきの良さは最高のようです。

これまで食欲がなかった猫もきれい残さず食べてくれた。驚くほどガツガツ食べてくれる。などとにかく食いつきの良さに定評があります。原材料の99%が肉類であること、また非加熱フリーズドライ製法なので、素材の旨味や風味がそのまま残っているため、肉食動物の猫が喜ぶフードとなっているのでしょう

「目やにが改善、便の調子が良い」 目やにや便の調子が良くなった、便が臭くないという喜びの声も多数あります。

もしかしたらこれらの症状は食物アレルギーが原因となっていたのかもしれませんね。市販のキャットフードに多く含まれている穀物や添加物によってアレルギーが引き起こされていたのかもしれません。フィーラインナチュラルでは穀物も添加物も一切不使用、そして猫が消化を得意としている肉が99%も含まれているので、しっかり消化吸収できているのでしょう。体質の改善は飼い主にとってもうれしいですね。

「毛艶が良くなった」 毛並みや毛艶の改善を喜ぶ声も多数あります。

肉がメインの食事で栄養がしっかり吸収できているので、健康になっているのでしょう。

「フィーラインナチュラル」の悪い口コミ

ではフィーラインナチュラルの悪い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「食べてくれない」 食いつきの良さに関する口コミがある一方、食べてくれないという口コミもあります。

中には水を入れてふやかすと食べない猫もいるようです。その場合はドライのままポリポリ食べているようです。また最初はたべなくても徐々に食べるようになる子もいるようです。

好みはかなり分かれるようですね。

「ふやけにくい」 なかなかふやけてくれないという意見も多数あります。そのため食べにくそうにしていたり、スプーンで丁寧につぶす手間が面倒。という意見もあります。

「高い」 原材料がよいことは納得しているものの、値段の高さが気になる方は少なくありません。特に多動飼いしている方は、もう少し安くなってくれたらいいのに。と思っているようです。

「フィーラインナチュラル」の値段、購入方法は?

フィーラインナチュラルは公式サイトの他に、Amazonや楽天市場でも販売しています。

320g入りで5,751円となっています。水で戻したときのことを考えると、約1.28㎏分ですね。それでも1キロ当たり5,000円近い高級キャットフードとなっています。しかし原材料にこだわり、贅沢に肉を使い、穀物や添加物を使用していないことを考えると、この値段は妥当なのかもしれませんね。

初めて購入する場合は10g入りのサイズでお試ししてみると良いでしょう。こちらは水で戻すと40g分となります。猫によっては1日分にもならないので本当にお試し用ですね。こちらは297円となっています。

「フィーラインナチュラル」はこんな猫におすすめ

British Shorthair cat isolated on white. Smiling expression, happy

フィーラインナチュラルはどんな猫におすすめでしょうか?どんなおすすめ点があるでしょうか?

アレルギー対策

フィーラインナチュラルは穀物不使用、添加物不使用なので、穀物アレルギーの猫も安心して食べることができます。消化器官が弱っている猫にもおすすめです。

食欲増進効果

口コミ評判でもわかるように、フィーラインナチュラルは食いつきの良いフードです。

肉類を99%使用し、フリーズドライ加工しているため、水に戻すと生肉の風味やうまみがそのままで猫が喜ぶフードとなっています。ですから食欲のない猫や食欲が低下してくるシニア猫などにもおすすめです。カロリーも高めなので痩せ気味の猫にもおすすめでしょう。

栄養豊か

何度も述べているように、肉が99%配合されているということで、猫が必要としている動物性たんぱく質が十分とれます。また使用している鶏肉やラム肉なども栄養豊かです。内臓もプラスしていることでビタミンやミネラルもしっかり摂取できるので、自然の食事に近くなっているといえるでしょう。

ただし腎臓や肝臓の弱い猫は、高たんぱくが負担となるため注意してください。

まとめ

今回はニュージーランド産のナチュラルフリーズドライ製法のキャットフード「フィーラインナチュラル」を紹介しました。肉の含有量がなんと99%という栄養価たっぷりの高級グレインフリーキャットフードです。

値段は高めとなっていますが、なんといっても使用している原材料の品質が間違いないですし、栄養価も高く猫が必要としている栄養素が十分とれます。また独自のフリーズドライ製法ですので、水にふやかすことで生食に近いフードになり、嗜好性も高いフードであることがわかったのではないでしょうか?

口コミ評判も高く、食いつきの良さや体質改善など評判の良いフードです。愛猫の健康維持を考えている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード