キャットフード「フィッシュ4キャット」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「フィッシュ4キャット」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

みなさんは「フィッシュ4キャット」ってどんなフードかご存知ですか?イギリス原産の魚がメインになったキャットフードで、穀物不使用、無添加キャットフードとして注目されているキャットフードの一つです。今回はそんな「フィッシュ4キャット」の原材料や成分を徹底分析して、愛猫に安心して与えることができるフードかどうか見ていきたいと思います。実際に購入した方の口コミ評判も紹介します。

「フィッシュ4キャット」ってどんなキャットフード?

フィッシュ4キャット

「フィッシュ4キャット」とはどんなキャットフードなのでしょうか?

最近はキャットフードに含まれている原材料に対する食物アレルギーを持つ猫が多く、またキャットフードに使用されている添加物に健康被害を懸念する声も多いため、キャットフードの安全性が注目されています。

フィッシュ4キャットは、そういったことを考えて作られたイギリス生まれのキャットフードです。

アレルギー対策に特化したキャットフード

フィッシュ4キャットの創始者はある夫婦です。愛犬家として知られた彼らは、愛犬を含む多くの犬の食物アレルギーや皮膚疾患に悩んでいるました。そこで多くのフードの原材料に使用されている穀物に注目しました。

愛犬のフードがアレルゲンである穀物が中心となっていてはいけない!と思い、ペットフードに関する勉強を始めて、出来上がったのが「フィッシュ4ドッグ」「フィッシュ4キャット」です。

ですからフィッシュ4キャットには、からだに負担となりかねない穀物や添加物は使用していません。そして名前にあるように魚を中心にしたレシピともなっています。

「フィッシュ4キャット」の特徴

では「フィッシュ4キャット」の特徴を紹介します。

魚メインのレシピ

Salmon race

フィッシュ4キャットの最大の特徴は魚を使用したキャットフードであることです。なんと全体の70%に魚を使用しているのです。これだけ多くの魚を使用しているフードはなかなか見当たらないでしょう。

・なぜ魚を中心にしたレシピになっているのでしょうか?

それは魚のたんぱく質が肉のたんぱく質よりも消化吸収しやすいためです。

猫は肉食動物なので、動物性たんぱく質を必要としています。しかしたんぱく質は分子が大きく、猫によっては消化ができなかったりアレルギーを起こす原因ともなりうるのです。ところが魚は肉よりも消化吸収が良いため、おなかの弱い猫も安心して食べることができる食材と言われています。

オメガ3脂肪酸が豊富

Animal and vegetable sources of omega-3 acids as salmon, avocado, linseed, eggs, butter, walnuts, almonds, pumpkin seeds, parsley leaves and rapeseed oil

魚メインのフィッシュ4キャットのもう一つの特徴は、「オメガ3脂肪酸」が豊富であることです。

オメガ3脂肪酸とは不飽和脂肪酸の一つで、体内で生成できないため食事から摂取しなければならない脂肪酸の一つです。

オメガ3脂肪酸は私たち人間もサプリメントで摂取したりする注目の栄養素で、健康や美容を意識する方の中で話題になっています。

特に脳の神経機能の向上、目の神経の向上、高血圧や動脈硬化、そして心臓病などにも効果があるといわれています。さらには関節炎を抑制したり、免疫機能の向上、アレルギー緩和など多くの効果があるのです。そしてなんといっても愛猫の美しい皮膚や被毛の維持もサポートしてくれるので、積極的に摂取したい成分といえるでしょう。

このオメガ3脂肪酸は魚に多く含まれているため、魚がメインになったフィッシュ4キャットにはオメガ3脂肪酸が豊富といえるのです。

グレインフリー(穀物不使用)

Gluten free food. Various pasta, bread, snacks and flour on wooden background from top view

フィッシュ4キャットのさらなる特徴は、はじめにもお伝えしたように穀物を使用していないことです。

猫は肉食動物ですので肉の消化に適した体のつくりとなっています。胃が小さく腸が短くなっています。そのためじっくり消化しなければいけない穀物の消化には適していません。また穀物の消化に必要なアミラーゼという酵素が唾液に含まれていないため、穀物の消化吸収が苦手なのです。ですから穀物を摂取すると消化不良を起こし、下痢やおう吐といった消化不良を起こしたり、アレルギーを起こすこともあるのです。

特に穀物に含まれているグルテンと言われるたんぱく質の一種にアレルギーを持っている猫は少なくありません。グルテンが多く含まれているのは「小麦やトウモロコシ」です。

フィッシュ4キャットではこういったアレルゲン、消化不良の原因となる穀物を一切使用していないので、アレルギーを持っている猫やおなかの弱い猫も安心して食べることができます。

無添加

そしてもう一つの特徴が添加物を使用していないことです。添加物の危険性は多くの方がすでにご存知でしょう。

私たちが食べるものを選択する際も、なるべく添加物が使用されていないものを選びたいと思うのではないでしょうか?ですから愛する家族の一員である愛猫のフードも添加物が使用されていないものを選びたいと思うはずです。

ところが市販のキャットフードを見てみると驚くほど多くの添加物が使用されているのが普通です。長持ちさせるための保存料、防腐剤、酸化防止剤、またおいしそうに見せるための着色料や香料などあらゆる添加物が使用されています。

しかしこれら添加物の中には健康被害を及ぼすものもたくさんあります。例えば酸化防止剤として使用されている「BHA、BHT、エトキシキン」は発がん性やアレルギー発症などのリスクが高いことが明らかになっており、食品への使用は禁止、制限されています。また着色料の中にもアレルギーは発がん性、染色体異常などのリスクがあるものがあり、外国では使用禁止になっているものもあります。

人間への使用が禁止されているのですから、からだの小さい猫がこれら添加物を摂取したら何らかの健康被害が出ることは想像できるのではないでしょうか?

ですから愛猫のフードにはこうした危険な添加物が含まれていないものを選びたいですね。「フィッシュ4キャット」にはこうした危険な添加物は一切使用されていませんので、安心して愛猫に与えることができます。

「フィッシュ4キャット」のラインナップ

フィッシュ4キャットにはドライフード、ウェットフード、そして猫缶シリーズが用意されています。

ウェットフードはドライフードへのトッピングとして与えると良いでしょう。水分摂取のサポートや食欲不振の時の嗜好を刺激するためなどに使用できます。ウェットフードは2種類です。

フィッシュ4キャット サーモンムース

フィッシュ4キャット トラウトムース

ドライフードは総合栄養食として魚を豊富に使用し、抜群のアミノ酸バランスに仕上げています。サーモンオイルの配合で嗜好性もばっちりです。ドライフードは3つの味が用意されています。

フィッシュ4キャット ファイネスト サーモン

フィッシュ4キャット ファイネスト サーモン

にゃんこの好みによって選べる!消化吸収の高い魚は、猫にとって必要なアミノ酸、タウリンをバランスよく含んでいます。

抗酸化作用のあるアスタキサンチンが豊富に含まれたサーモンを使用しています。

フィッシュ4キャット ファイネスト サバ

フィッシュ4キャット ファイネスト サバ

穀物不使用のにゃんこの体を気遣った商品です

青魚の王様ともいわれるサバとアスタキサンチン豊富なサーモンを使用しています。

フィッシュ4キャット ファイネスト イワシ

ビタミンやカルシウムが豊富なイワシとサーモンをたっぷり使用しています。

「フィッシュ4キャット」の原材料と成分

フィッシュ4キャット ファイネスト サーモン

にゃんこの好みによって選べる!消化吸収の高い魚は、猫にとって必要なアミノ酸、タウリンをバランスよく含んでいます。

では早速フィッシュ4キャットの原材料や成分を詳しく見ていきましょう。今回は「フィッシュ4キャットファイネストサーモン」の原材料と成分を見ていきたいと思います。原材料は以下のとおりです。

・原材料

サーモンミール33%、サーモン22%、スイートポテト17%、キャッサバ13%、サーモンオイル8%、フィッシュエキス2.5%、その他4.5%(サンフラワーオイル、酵母エキス、モルトエキス、ピーファイバー、乾燥藻、ドライクランベリー、ビタミン&ミネラル)

・成分

粗たんぱく質31%、脂肪分19%、粗灰分8%、粗繊維2.2%、オメガ3脂肪酸1.15%、オメガ6脂肪酸4.4%、代謝エネルギー381.3kcal/100g
出典:https://item.rakuten.co.jp/guren-shop/f4df-f4cfn-sl400/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

魚をメインに使用しているので、たんぱく質の多いフードといえます。また穀物を使用していないので、炭水化物が低く高たんぱくのわりに低カロリーなフードといえるでしょう。

またオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の割合もバランスがよく配合されています。どちらもからだに欠かせない栄養素なのですが、バランスが大切です。フィッシュ4キャットはオメガ3とオメガ6のバランスが理想に近い配合となっています。

では詳しく見てみましょう。

サーモンミール、サーモン、サーモンオイル、フィッシュエキス

Fresh salmon with dill food photography recipe idea

フィッシュ4キャットの特徴でもある魚がメインになったレシピとなっていることがわかります。第一原材料にサーモンミール、そしてサーモンやサーモンオイルなどが配合されています。原材料の65.5%が魚となっています。そのうち22%が新鮮な魚です。

中には「ミール」を気にする方もいるかもしれません。たしかに一般的にミール系というと本来なら破棄にするような部位を使用していることが多いからです。例えば鶏のとさか、くちばし、骨、羽根、血液などを乾燥粉砕して用いていることがあります。こうした粗悪な原材料は栄養価が低く消化にもよくないため、猫の身体に負担を欠けてしまいます。

しかしフィッシュ4キャットで使用しているミールはこうした粗悪な部位ではないので安心してください。あえて乾燥粉砕して使用することで栄養価を凝縮させているのでしょう。

特にサーモンは高たんぱくであることはもちろんのこと、抗酸化物質である「アスタキサンチン」が豊富に含まれています。アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンCの6000倍、ビタミンEの1000倍ともいわれています。ですからアスタキサンチンを含むサーモンの摂取で健康維持を期待できます。

そしてサーモンオイルにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。皮膚や被毛を美しく保ったり、皮膚トラブルの改善、関節の健康、免疫力向上などを期待できます。またなんといってもサーモンオイルは嗜好性を高めてくれるので、食いつきの良さも期待できます。

スウィートポテト、キャッサバ

次に使用されているのがスウィートポテトとキャッサバです。

フィッシュ4キャットでは消化不良やアレルギーの原因となりかねない穀物を使用していません。しかし穀物を使用しないということは炭水化物がないため、腹持ちが良くないというデメリットがあります。

そこでフィッシュ4キャットでは、スウィートポテトとキャッサバを使用することで、解決しています。消化も良く繊維質も豊富なので腹持ちを良くしています。

ドライクランベリー

Cranberry with leaves isolated on white. With clipping path. Full depth of field.

クランベリーは尿をアルカリ性から酸性にpHをコントロールする効果があると言われています。ですからクランベリーの摂取で尿路結石の予防が期待できるのです。

尿路結石に悩んでいる猫は少なくないので、クランベリーの配合はうれしいですね。

酸化防止剤

上記でも述べたようにフィッシュ4キャットでは添加物は使用していません。

しかし栄養のためにオイルを配合しているため、どうしても酸化しやすいという難点があります。

そこでフィッシュ4キャットでは天然由来の安全性の高い「天然トコフェロール、ローズマリー抽出物」を酸化防止剤として使用しています。健康被害をもたらしかねない合成酸化防止剤は使用していませんので、安心して愛猫に与えることができます。

「フィッシュ4キャット」の値段、購入方法は?

フィッシュ4キャットは公式サイトから購入できます。

サイズは2種類で、400gと1.5㎏入りがあります。400gは1,300円、1.5㎏は4,200円となっています。

1キロ当たり約3,000円ほどするプレミアムキャットフードです。一般的なキャットフードに比べるとかさ増し目的に穀物を使用していないことや、魚をふんだんに使用しているので、値段はどうしても高くなります。

「フィッシュ4キャット」の口コミ評価・評判

Spreading Secrets

ではフィッシュ4キャットを実際に購入した方の口コミ評判を見ていきましょう。購入の参考にされてみてください。

「フィッシュ4キャット」の良い口コミ

まずフィッシュ4キャットの良い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「おいしく食べてくれる」 まずは食いつきの良さに関する口コミが多数あります。

魚がメインに使用されているので魚のおいしそうな香りが漂っているようです。また嗜好性の高いサーモンオイルも使用しているので、食いつきは抜群のようです。魚のにおいに誘われて残さずきれいに食べてくれるようです。

どんなにからだに良いものでも、食べてくれなかったら意味がないので、食いつきが良いというのはうれしいですね。

「おなかの調子が良い、便の状態が良い」 おなかの調子が良くなって、便の状態も良くなったという喜びの声が多数あります。以前はよく下痢をしていた猫もフィッシュ4キャットに替えてから、下痢をしなくなった。嘔吐することも無くなった。という口コミが多数です。

市販のキャットフードは猫の消化吸収に良くない穀物をメインにしているものが多いので、消化吸収ができず下痢やおう吐をしていたのでしょう。フィッシュ4キャットでは消化を妨げる原材料を省いているので、しっかり消化吸収ができ、おなかの調子も改善しているのだと思います。

「毛艶が良くなった」 栄養がしっかり消化吸収できているためか、毛艶も良くなったという口コミも多数あります。毛並み改善に有効なサーモンオイル、不飽和脂肪酸を含む魚がたっぷり使用されていることも良いのでしょう。

「フィッシュ4キャット」の悪い口コミ

ではフィッシュ4キャットの悪い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「食いつきが悪い」 食いつきの良さも評判が良かったのですが、食いつきの悪さに関する口コミも多くあります。

中には初めはよく食べてくれていたのに、慣れてきたら食いつきが悪くなった。という意見が在ります。食いつきに関しては個体差もあることですので、実際に与えてみないとわかりませんね。始めは小袋サイズで試してみると良いかもしれません。

「嘔吐した」 中にはおう吐した。という口コミもありました。

フィッシュ4キャットは粒の大きさが10㎜となっています。他のキャットフードに比べると少し大きめでしょうか?小型猫にとっては大きめかもしれません。そのためか吐いてしまう猫もいたようです。

「食べにくそう」 粒が大きめ、硬いということで食べにくい猫もいます。特に噛む力が弱ってきたシニア猫にとって大きめ硬めの粒は食べにくいでしょう。

水やぬるま湯でふやかして与えたり、少し砕いてから与えるなどの工夫をすると良いかもしれませんね。

まとめ

今回はプレミアムキャットフード「フィッシュ4キャット」を紹介しました。

魚をメインに使用したグレインフリー、無添加キャットフードです。原材料にもこだわりからだに良くないものは排除している安心、安全のキャットフードといえるでしょう。特にアレルギーのある猫におすすめです。

食いつきに関しては意見が分かれたので、実際に与えてみないとわかりませんね。もし食いつきが良ければからだにも良いので、おすすめしたキャットフードです。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード