キャットフード「ソリッドゴールド」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「ソリッドゴールド」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

ソリッドゴールドは元祖プレミアムフードの先駆者的存在ともいうことができるアメリカ産のペットフードです。日本でも安定した人気を誇っています。今回はそんなソリッドゴールドの原材料や成分を徹底分析して、本当に安心して愛猫に与えることができるかキャットフードかどうか見てみましょう。合わせて実際に商品を購入した方の口コミも紹介したいと思います。ぜひ購入の参考にされてください。

「ソリッドゴールド」ってどんなキャットフード?

ソリッドゴールド(solidgold)

kmt-dogfood.com

ソリッドゴールドはアメリカ原産の元祖プレミアムペットフードです。外国産と聞くと心配される方もいるかもしれませんが、ペットフードに関しては日本よりもアメリカやヨーロッパなど外国の方が先進的なのです。原材料に関する規制なども厳しいため品質の良いフードが多いのです。

品質や安全性にこだわっている

ソリッドゴールドはアメリカのソリッドゴールド社がこだわりを持って開発製造しているキャットフードで、なんと30年以上の歴史があり、品質や安全性にこだわっており長年愛されています。日本では株式会社KMTが輸入代理店となって販売してます。

「本来あるべき健康なからだを作る手助けをしたい」というのがソリッドゴールドの哲学となっています。そのため体に良くないとされている化学物質や小麦、トウモロコシなどは使用していません。そしてペットの身体に良いとされているサーモンオイル、タウリンを配合しています。

「ソリッドゴールド」が愛されている理由

ソリッドゴールドが長年愛されている理由は何でしょうか?

無添加・グレインフリー

猫に安心して与えることができる「添加物不使用」「グレインフリー(穀物不使用)」であるということです。

肉食動物である猫にとって穀物は消化がしにくい食物でアレルギーの原因ともなっています。また添加物もからだに悪影響を及ぼす可能性がありますね。このように体に負担となりかねないものを排除しているので、安心して愛猫に与えることができるとして長年愛されています。

高たんぱく質

ソリッドゴールドは高たんぱく質のフードです。

肉食動物の猫にとって一番必要な栄養素は「タンパク質」です。そんなたんぱく質が豊富に含まれているソリッドゴールドは、特に育ち盛りの子猫や健康を維持したい成猫にお勧めです。

安全性が高い

Work Safety Concept - regulations and standard in industry, business. First secure rules. Health protection, personal security people on job. Man in helmet offers work safety icon on virtual screen.

ソリッドゴールドの製品は安全性が高い点も評価されています。

米国基準をクリアした品質の高さ

AAFCO(米国飼料検査官協会)、USDA(米国農務省)、FDA(米国食品医薬局)の厳しい基準に適合したフードとなっています。ペット用フードとしてだけでなく人間の食物安全を審査する機関の基準もクリアしているということで安全性の高いフードといえるのではないでしょうか?

そしてアメリカで有名な雑誌「ホットドッグジャーナル」でも賞賛されています。

「ソリッドゴールド」のラインナップ

ソリッドゴールドは3種類のドライキャットフード、4種類のパウチフード、4種類の缶フード(ウェットフード)があります。ドライフードについて見てみましょう。

ソリッドゴールド カッツフラッケン

カッツフラッケンは全年齢の猫に対応しています。高品質なたんぱく質やカリウム、アミノ酸が摂取できるように魚肉が多く配合されています。

価格:1.8㎏2,840円、5.4㎏7,992円

ソリッドゴールド インディゴムーン

こちらも全年齢対応ですが、インディゴムーンは穀物を全く使用しないキャットフードになっています。たんぱく質がしっかり摂取できるよう鶏肉と魚をメインに仕上げています。

価格:1.3㎏3,024円、2.7㎏5,076円、5.4㎏9,410円

ソリッドゴールド フィットアズアフィドル

フィットアズアフィドルは特に肥満猫向けとなっています。グレイン・グルテンフリーで低脂質、低カロリーに仕上がっています。魚と野菜をメインにしたフードです。

価格:1.3kg3,888円、2.7㎏6,480円、5.4㎏10,368円

「ソリッドゴール インディゴムーン」の原材料と成分

では早速ソリッドゴールドの原材料を詳しく見ていきたいと思います。今回はソリッドゴールドの中でも特に人気の高い「インディゴムーン」の原材料を参考にしてみたいと思います。原材料は以下のとおりです。

・原材料

ドライチキン、ポテト、カノラオイル(混合トコフェロールによる保存処理)、えんどう豆、チキン、ドライオーシャンフィッシュ、乾燥卵、天然風味料、塩化コリン、塩化カリウム、タウリン、DLメチオニン、サーモンオイル(混合トコフェロールによる保存処理)、乾燥チコリ根、人参、パンプキン、パセリ、リンゴ、クランベリー、ブルーベリー、レタス、セロリ、サトウダイコン、クレソン、ホウレンソウ、ブロッコリー、スペアミント、アーモンドオイル(混合トコフェロールによる保存処理)、セサミオイル(混合トコフェロールによる保存処理)、ユッカシジゲラエキス、乾燥ケルプ、タイム、ヒラマメ、L-カルニチン、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、硫酸亜鉛、ナイアシン、硫酸第一鉄、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸(ビタミンC源)、パントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩、硫酸銅、リボフラビン、ピリドキシン塩酸塩、硫酸マンガン、キレート亜鉛、葉酸、ヨウ化カルシウム、キレートマンガン、キレート銅、亜セレン酸ナトリウム、ビオチン、ビタミンB12、ローズマリーエキス、ラクトバチルスアシドフィルス、エンテロコッカスフェシウム、ラクトバチルスカゼイ

・成分

粗たんぱく質42.0%以上、粗脂肪20.0%以上、粗繊維3.0%以下、粗灰分8.0%以下、水分10.0%以下、カロリー386kcal/100g
出典:https://www.amazon.co.jp/ソリッドゴールド-21006-インディゴムーン-猫用-2-7kg/dp/B01DT327LE/

たんぱく質が42%、脂質が20%なので非常に高たんぱく、高脂肪なフードといえるでしょう。ですから全年齢対応フードということですが、比較的成長期の子猫や運動量の多い活発な猫向けといっても良いでしょう。

ですから肥満が気になる猫や代謝が低下してくるシニア犬には「フィットアズアフィドル」がおすすめです。こちらはたんぱく質が30%、脂肪は8%、カロリーが311kcal/100gと抑えめになっています。

特に腎臓や肝臓を患っている猫は、高たんぱくのフードは腎臓や肝臓に負担を欠けることがあります。ですからできればたんぱく質量が30%以下に抑えたものが望ましいと言われています。

では詳しく見ていきましょう。

a chicken sunset

ソリッドゴールドの原材料欄を見てみると一番最初に「ドライチキン」と記載されています。つまり肉が主原材料になったフードといえます。これは大変良いことです。

なぜなら猫は肉食動物ですので、猫にとって一番必要な栄養素は肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質だからです。そのため第一原材料に肉があげられているのは大変良いことといえます。ドライチキンのほかにも「チキン」「ドライオーシャンフィッシュ」も使用されています。

中には第一原材料が生肉でないことを良く思わない方もいるかもしれませんね。たしかに多くのプレミアムキャットフードでは「新鮮な生肉をたっぷり使用!」というのをアピールポイントにしているものが多くあります。実際生肉には多くの栄養素が含まれているので、生肉が良いと思われることでしょう。

ただし肉を乾燥させることのメリットもあるのです。肉から水分を除き乾燥させることで栄養素を濃縮させることができます。また水分を除くことできれいに形成することもできます。そのためプレミアムフードの中にはあえてドライミートを使用することがあります。

また乾燥肉を使用することを心配されている方の中には「肉副産物の使用」を気にしている方もいるでしょう。

一般的にドライチキンやチキンミールなどと聞くと、本来なら破棄するべき鶏の頭や羽根、血液、足などを乾燥粉砕して使用している可能性があるからです。当然こうした粗悪な部位は栄養素が少なく消化にも悪いので、キャットフードの原材料にはふさわしくありません。ですからキャットフードの安全性を気にする方が、避けたいとしている原材料なのです。

しかしソリッドゴールドの場合は、人間が食べることができるレベルのヒューマングレード素材を使用しているといっているので、こうした粗悪な原材料は使用していないと言えます。

穀物

various cereals, seeds, beans and grains on wooden table

ソリッドゴールドのインディゴムーンでは穀物は一切使用していません。このことも高く評価できる点です。

なぜなら肉食動物である猫は小さな胃と短い腸を持っており、穀物の消化に適した体のつくりではないからです。また穀物の消化に必要とされているアミラーゼという酵素もありません。そのため穀物を摂取すると消化ができず消化不良を起こし、下痢やおう吐をおこすことがあります。またこれら穀物はアレルギーの原因になるともいわれており、穀物アレルギーを持っている猫は少なくありません。

ですからソリッドゴールドのインディゴムーンでは猫の身体に負担となりかねない穀物は一切使用していません。

ただし穀物を使用しないと腹持ちが悪いというデメリットがあります。この点はポテトやえんどう豆を配合することで解決しています。

ソリッドゴールドのカッツフラッケンでは玄米や大麦が使用されているので、グレインフリーとはいえません。しかし玄米や大麦はビタミンや食物繊維が豊富なことから栄養価が高い穀物といわれています。また猫が消化できないグルテンを含んでいないので比較的消化にも良いため、そこまで気にしなくても良いでしょう。玄米や大麦はアレルギーも起こしにくいと言われています。

油脂

ソリッドゴールドの原材料を見ると多くの油脂が使用されていることがわかるでしょう。

猫にとって油脂も大切な栄養素の一つです。エネルギーとなったり、美しい皮膚や被毛の維持にも欠かすことができないのです。ソリッドゴールドで使用されている油脂は「カノラオイル、サーモンオイル、アーモンドオイル、セサミオイル」となっています。特にカノラオイルは第三原材料に挙げられています。

これらオイルはどれも良質のオイルです。猫の美しい皮膚や被毛の維持にかかせないといわれているのが、不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。これらオイルがバランスよく配合されているのがソリッドゴールドの良い点です。またサーモンオイルにはDHAやEPAが多く含まれているので、脳や眼の健康をサポートします。また血液や血管の健康を維持する効果もあるといわれています。

ソリッドゴールドのさらに良い点は「動物性油脂」を使用していないことです。動物性油脂とは動物からとられた油脂のことですが、フードの嗜好性を高めるために使用されます。ところが中には粗悪な原材料からとられたものもあり、また酸化しやすいため多くの酸化防止剤が使用されていることがあります。

ソリッドゴールドではこうした低品質のオイルは使用せず、またオイルに使用している酸化防止剤も、安全性の高い天然由来のものを使用しているので安心です。

添加物

ソリッドゴールドで高く評価できるのは余計な添加物を使用していないことです。

一般的なキャットフードには保存のための酸化防止剤や保存料、おいしそうに見せるためだけに使われている着色料、嗜好性を高めるための香料など多くの添加物が使用されています。ただしこれら添加物の中には発がん性やアレルギーなどの健康被害を及ぼすものもあるのです。

ソリッドゴールドではこうした添加物を一切使用していないので安心して愛猫に与えることができるでしょう。

ソリッドゴールドでは多くのハーブが使用されています。またビタミンEも配合されているため、これらが天然の酸化防止剤となっています。

「ソリッドゴールド」の口コミ評判

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

ではここからは実際にソリッドゴールドを購入されたかたの口コミを見てみたいと思います。

「ソリッドゴールド」の良い口コミ

ソリッドゴールドの良い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「おなかの調子が良くなった」 ソリッドゴールドにしてからおなかの調子が良くなったと評判です。無添加、穀物不使用なので消化にも良く胃腸への負担が少ないのでしょう。今までおなかの調子が良くなかった猫もソリッドゴールドにしてから健康になったという口コミが多数です。

「よく食べてくれる」 食いつきの良さでも評価の高いフードです。食いつきが良い、残さず食べてくれる。など満足の声が多数です。主原材料に肉をたっぷり使用しているので食いつきが良くなっているのでしょう。

「毛並みが良くなった」 ソリッドゴールドにしてから毛並みが良くなったという口コミも多数あります。美しい毛並みの維持にかかせないオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が配合されています。またアレルゲンが含まれていないのでアレルギーにも配慮されているといえるでしょう。

「ソリッドゴールド」の悪い口コミ

ではソリッドゴールドの悪い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「食べてくれない」 ソリッドゴールドにしてからフードを食べてくれない。と食いつきの悪さを挙げる声もあります。食いつきに関しては好みが分かれるのかもしれませんね。実際に与えてみないと食いつきはわからないので、初めは小さめの小袋で試してみると良いでしょう。

「おなかの調子が良くない、うんちが臭い」 中には相性が良くないためかおなかの調子が悪くなったり、うんちの臭いが強くなった猫もいるようです。フードの切り替え時におなかの調子が悪くなるというのはよくあることです。もしかしたら急激なフードの切り替えも関係しているのかもしれません。

「ソリッドゴールド」の保存方法

ソリッドゴールドは保存料を使用していないキャットフードです。そのため保存には注意が必要です。

パッケージ自体もアルミパッケージで酸化を防ぐ工夫はされていますが、一度封を開けると空気に触れるため酸化が始まってしまいます。ですから開封後はなるべく空気に触れないようにしっかり密閉しましょう。

また保管する際は直射日光の当たらない涼しい場所で保管するようにしましょう。そして開封後はなるべく早めに消費するようにしましょう。

まとめ

今回はプレミアムフードの先駆者でもある「ソリッドゴールド」について紹介しました。長年愛されているだけあって、原材料にもこだわりを持ち安心して愛猫に与えることができる内容となっています。

また栄養価も高いので、成長期の子猫や運動量の多い活発な猫におすすめです。アレルギー対策もされているので、アレルギーのある猫にもおすすめです。新たなフードを探している方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード