キャットフード「ジウィピーク」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「ジウィピーク」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

ニュージーランド産のキャットフード「ジウィピーク」を知っていますか?自然豊かなニュージーランドで生まれた超高級キャットフードです。今回はそんなジウィピークの原材料や成分を徹底分析してみたいと思います。また実際に商品を購入された方の口コミ評判からどんなキャットフードなのか見てみましょう。ぜひ購入の参考にされてください。

ジウィピークってどんなキャットフード?

ziwiPeak

item.rakuten.co.jp

ではまずジウィピークはどんなキャットフードなのでしょうか?

ジウィピークはニュージーランド産の「天然の生肉、内臓、魚介類にほとんど手を加えない」キャットフードです。野生の頃に食べていた生肉食に限りなく近づけたキャットフードで、なんと消化率は95%以上となっています。食べたものがほとんど栄養となってくれるのです。

高い品質のキャットフード

またジウィピークはニュージーランド産であることにも価値があります。どういうことでしょうか?

ニュージーランドは自然環境が大切に管理されているため、高品質の天然素材を使用したキャットフードを作ることができます。というのもニュージーランドは非常に厳しい防疫管理、法規制がひかれているため国内には家畜の疫病がありません。そしてニュージーランドは年中穏やかな気候のため、家畜は年中天然の牧草を食べることができる環境にあるといえます。つまりハウス飼育や給餌システムを使用する必要がないので、自然放牧で家畜自体にもストレスが少ないのです。このような家畜の肉は栄養豊かでうまみも強いため、ジウィピークは品質の高いキャットフードといえるのです。

ジウィピークの特徴

ジウィピークの特徴はなんでしょうか?

生肉と内臓を配合

Different types of meat. View from above

ジウィピークの一つの特徴は生肉はもちろんのこと、内臓もまるごと配合していることです。

野生の猫は獲物を捕らえて食事をしますが、この時獲物の内臓もしっかり食べます。獲物自体も草木や魚、草食動物などを食べているため、獲物の内臓も食べることで栄養バランスが良くなるのです。このことを本能的に知っている野生の猫は獲物をまるごと食べます。

ジウィピークは猫のこの食事や消化システムを考え理想的な食事を再現しています。ですから食材そのものからからビタミンやミネラルを摂取できるようになるのです。

エアドライ製法

ジウィピークはエアドライ製法を採用しています。エアドライ製法とは低温でゆっくりと乾燥させる調理法のことで、酵素や栄養素など高温調理で壊れやすい栄養素を保ったまま加工することができます。またエアドライ製法は病原菌を排除するので、栄養豊かで衛生的にも安全な調理方法といえるのではないでしょうか?

肉類配合率90%以上

なんとジウィピークは肉類の配合率が90%以上という他にはない割合で肉を配合しています。しかも使用している肉の品質も最高品質のものです。生肉がたっぷり使用されており、使用している家畜の飼育状態もしっかり管理されているため品質は最高です。

そして肉の消化は得意な猫ですから消化率は95%以上となり、ほとんどの栄養をしっかり吸収することができます。しっかり吸収できるため必然的にうんちの量は少なくなることでしょう。消化がしやすいので消化器官にも負担をかけません。

アレルギー対策がされている

Gluten free food. Various pasta, bread, snacks and flour on wooden background from top view

ジウィピークはアレルギー対策がされています。

猫は肉食動物のため穀物を消化するアミラーゼという酵素がないため穀物の消化吸収を苦手としており、消化器官に負担をかけて消化不良を起こします。その結果栄養が摂取できず栄養不足になって病気になりやすくなったり、アレルギーを起こしやすいともいわれています。特に「小麦やトウモロコシ」は猫がアレルギーをおこしやすいアレルゲンとされています。

しかし市販のキャットフードの中には、穀物が安く入手できることや加工が簡単であることなどから、かさ増し目的で穀物がメイン原材料になっているものがたくさんあります。そのようなフードを食べることで、アレルギーを発症したり消化吸収ができないので便の量が増えたり、栄養不足で元気がなくなる猫は多くいます。

ジウィピークでは猫が消化吸収を苦手としている穀物などは使用していません。食物アレルギーを考えたフードとなっています。

ジウィピークのラインナップ

ジウィピークのエアドライキャットフードは全部で5種類あります。

・エアドライキャットフードベニソン ・エアドライキャットフードラム ・エアドライキャットフードニュージーランドグラスフェットビーフ ・エアドライキャットフードニュージーランドマッカロー&ラム ・エアドライキャットフードニュージーランドフリーレンジチキン

他にはキャット缶(ウェットフード)が5種類あります。

ジウィピークの原材料と成分

ではここからは実際にジウィピークの原材料や成分をを見ていきたいと思います。本当に愛猫に安心して与えることができるキャットフードなのでしょうか?今回は「エアドライキャットフードラム」を取り上げてみたいと思います。原材料は以下の通りです。

・原材料

生肉・内臓・魚介類96%(ラム生肉、ラムハート生肉、ラムトライプ生肉、ラムレバー生肉、ラムキドニー生肉、ラムラング生肉、ニュージーランド緑イ貝、ラムボーン)、レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草、ミネラル類(リン酸二カリウム、硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、鉄アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、亜セレン酸ナトリウム)、海塩、酸化防止剤(クエン酸、天然ミックストコフェロール/ビタミンE)、ビタミン類(塩化コリン、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、葉酸、D3)、DLメチオニン、タウリン

・成分

たんぱく質35.0%以上、脂質33.0%以上、粗繊維2.0%以下、水分14.0%以下、灰分12.0%以下、エネルギー560kcal/100g
出典:https://www.amazon.co.jp/ZiwiPeak(ジウィピーク)-ジウィピーク-エアドライ-キャットフード-400g/dp/B006H7DQS8/

肉類が96%配合されているだけあり、たんぱく質と脂質が豊富ですね。ただしカロリーもかなり高めですので、与えすぎには注意しましょう。給餌量を守らないと肥満になる可能性もあります。栄養が高く、消化吸収率が95%と高いので給餌量が少なくても十分栄養を取ることができます。

たんぱく質が豊富なので、腎臓や肝臓が弱った猫には負担となることがあります。特にシニア猫に給餌する際は注意が必要かもしれません。

では詳しく見てみましょう。

生肉、内臓、魚介類96%

Animal protein food at stone table. Meat, chicken, fish, egg, beans, milk.

猫は肉食動物ですので、一番必要な栄養素は肉や魚から摂取できる「動物性たんぱく質」ですので、肉や魚がたっぷり使用されているジウィピークは理想的なフードといえます。なんと肉や魚の配合率が全体の96%というのですから驚きです。ここまでたくさん肉や魚を配合しているのは他にはなかなか見つけられません。

使用しているのは、ラム肉と緑イ貝です。また使用しているのは生肉だけではありません。内臓や骨までまるごと使用しています。内臓までまるごと使用することで未消化物の残った内臓からもビタミンやミネラルを摂取することができ、バランスよく栄養が摂取できます。

ラム肉は高たんぱくでありながら低カロリーなのが特徴です。またビタミンやミネラル、鉄分、そしてカルニチンという脂肪の燃焼に働く成分も豊富です。ですから体重が気になる猫にもピッタリの食材です。

ニュージーランド産の緑イ貝は、不飽和脂肪酸であるオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸が豊富なので健康な皮膚や被毛の維持をサポートしてくれます。そしてグルコサミンとコンドロイチンも豊富なので足腰、関節の健康維持のために有効的といえるでしょう。

ジウィピークはこのようにどんな肉をどれだけ使用しているか、原産地も明らかにしているので安全性が高く安心です。

市販のキャットフードの中には肉や魚を第一原材料に挙げていたとしても、使用している肉や魚の品質が良くないものも多くあります。例えば○○ミール、副産物などはどんな肉を使用しているか明らかにしていないため、もしかしたら人間が食べることのない本来なら破棄するべき、鶏の頭、足、羽根、血液、また病気で長期間にわたる薬物投与された家畜の肉、事故死して腐りかけている家畜の肉が使用されている可能性もあるのです。こういった粗悪な原材料は栄養価が低く消化も良くないことが想像できますね。

ジウィピークは安心して愛猫に与えることができる肉や魚を使用しています。

乾燥海藻

fresh green seaweed

乾燥海藻は人間用のサプリメントとしても使用されている原材料で多様なビタミンやミネラルの宝庫です。消化システムを整え良好な状態に維持するサポートをしますし、鉄分も豊富なため血液を補強し、心臓の働きもサポートします。こうして免疫システムのサポート効果も期待できますし、美しい皮膚や被毛の維持をサポートしてくれます。

酸化防止剤

ジウィピークは不要な添加物は一切使用していません。

しかしジウィピークは肉がたっぷり使用されているため、肉に含まれている油脂も含まれていると言いえるでしょう。実際油脂は猫の健康維持にかかすことのできない栄養素でもあります。しかし油脂が含まれているということは酸化しやすいということでもあります。そのため酸化防止のためにも酸化防止剤の使用は欠かせません。

ところが一般的なキャットフードに良く使用されている酸化防止剤の中には健康被害を及ぼすものもあります。特に「BHT、BHA、エトキシキン」などは高い酸化防止効果がある一方、発がん性やアレルギーなどのリスクがあることが報告されており、人間が食べる食品への使用が認められていなかったり、制限されている添加物です。ではジウィピークではどうしているのでしょうか?

ジウィピークでは酸化防止剤として、「クエン酸、天然ミックストコフェロール/ビタミンE」という天然由来のものを使用しています。ですから愛猫に安心して与えることができます。

1kg当たり8,000円以上する超高級キャットフードですね。これでは継続しての購入はたしかに難しいですね。

Amazonや楽天市場などでは安く販売されていることもあります。しかし多くは在庫期間が長く賞味期限わずかということや並行輸入ということもあるので、安いだけで購入するのは注意が必要です。

ジウィピークの口コミ評判

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

ではここからはジウィピークを実際に購入された方の口コミを見ていきましょう。

ジウィピークの良い口コミ

まずジウィピークの良い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「よく食べてくれる」 喜んで食べる、最初は戸惑っていたがすぐに慣れてくれた。など食いつきの良さに関する口コミが多数です。ジウィピークは肉を90%以上も使用していますし、使用している肉の質も良いので嗜好性の高いキャットフードに仕上がっています。

ジウィピークはドライキャットフードとはいえ、通常のカリカリとは違ってジャーキーのような感じなので、最初は戸惑ってなかなか食べない子もいるようですが、すぐに慣れてよく食べてくれるようです。

「うんちの状態が良い」 うんちの状態の改善を喜ぶ声も多数あります。

下痢気味の猫もジウィピークにしてから下痢が治ったり、便の状態が良くなっているようです。猫にとって必要な肉をたっぷり使っていること、そして消化吸収率も95%と高いので、しっかり吸収できているのでしょう。穀物も使用していないので消化器官に負担を欠けていないことも良いのかもしれませんね。

「毛づやが良くなった、涙やけがない」 肉類がたっぷり使用されているので、猫にとって必要な動物性たんぱく質がしっかりとれること、またアレルゲンである穀物が使用されていないことなどで、体質が改善したと考えられるでしょう。

アレルギー対策されたフードであることに満足している口コミが多数です。

「香りがよい」 ジウィピークは肉をたくさん使用し、ジャーキーに近い仕上がりで、肉の香りが強いようです。人間も食べたくなるにおいだという方も言ますし、なかにはにおいがきついと感じる方もいるようですが、猫にとっては良い香りなのでしょう。エアドライ製法なので素材の風味を活かした仕上がりになっています。香りの良さも食いつきにつながっているのでしょう。

「安心して与えることができる」 ジウィピークの原材料に対する安心感を述べる口コミも多くあります。穀物が使用されていないこと、危険な添加物も使用していないこと、そして原材料の安全性の高さから、安心して与えることができると感じている方が多くいます。

ジウィピークの悪い口コミ

ではジウィピークの悪い口コミにはどのようなものがあるでしょうか?

「食べない」 食いつきの良さを述べる口コミが多いのですが、食べてくれないという口コミも多数あります。

においを嗅ぐだけで全然食べてくれない、最初は食べてくれたけど飽きたのかすぐに食べてくれなくなった。など食いつきの悪さを述べることが多々あります。

普通のドライフードと違ってジャーキーに近い感じなので、においも強く、食感も違うため好みが分かれるのかもしれません。

「値段が高い」 もう一つの悪い口コミは値段の高さです。

食いつきも良くからだにも良いのはわかっているけど、毎回買うのは経済的に厳しい。肉をたくさん使用しているので高いのはわかるが高すぎる。など続けることが難しいという口コミが多数です。

ジウィピークは栄養価が高いので、給餌量も一般的なフードに比べると少なくて済みます。とはいえ大型猫や多動飼いの場合は高すぎるフードは続けられないかもしれませんね。中にはメインの食事として与えることはできないけど、おやつやトッピングとして与えているという方もいます。

口コミのまとめ

全体的に評価の高いフードです。原材料に納得し、愛猫の調子も良くなったという声がほとんどです。食いつきに関しては好みが分かれるので、実際に試してみないとわかりませんね。

もしも愛猫が食べてくれるようなら体調も良くなりおすすめのフードのようです。

原材料の質の良さや、実際の効果などに納得し高くても購入しているという方が多いようですね。

「ジウィピーク」の値段、購入方法は?

ziwiPeak

口コミのところでも挙げられていましたが、ジウィピークは高いといわれています。ではジウィピークの値段を見てみましょう。

エアドライキャットフード ベニソン

エアドライキャットフード ラム

エアドライキャットフード ニュージーランドグラスフェットビーフ

エアドライキャットフード ニュージーランドグラスフェットビーフ

エアドライキャットフード ニュージーランドマッカロー&ラム

エアドライキャットフード ニュージーランド マッカロー&ラム

エアドライキャットフード ニュージーランドフリーレンジチキン

エアドライキャットフード ニュージーランド フリーレンジチキン

まとめ

今回はニュージーランド産の高級プレミアムキャットフード「ジウィピーク」を紹介してきました。ニュージーランド産の厳選された原材料肉や魚をたっぷり90%以上も使用し、からだに負担となる穀物や危険な添加物は一切使用しない安全性の高いキャットフードです。

原材料の質の高さや肉の含有量の多さから値段は高くなっていますが、口コミ評判は高く、愛猫の調子が良くなったと高いだけの価値はあるキャットフードのようです。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード