キャットフード「アーガイルディッシュ」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「アーガイルディッシュ」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

アーガイルディッシュはナチュラルセレクトというメーカーが販売しているペットフードです。栄養バランス。鮮度・安全性・信頼の4つの要素がバランスよく配合され、作られています。今回はそんなアーガイルディッシュのキャットフードの原材料や成分を徹底解析してみたいと思います。愛猫に安心して与えることができるフードなのかどうか見てみましょう。また実際にアーガイルディッシュを購入した方の口コミ評判も紹介したいと思います。

「アーガイルディッシュ」ってどんなキャットフード?

bowl with cat food and two kittens, selective focus

まずアーガイルディッシュは、日本人が日本のペットの生活環境や食習慣のことを考えて企画し、オーストラリアで製造しているペットフードのことです。日本生まれオーストラリア原産の「アーガイルディッシュ」は、オーガニック認証を受けたペットフードメーカーです。オーガニックにこだわった質の高いペットフードを提供しています。

私たちが食べる有機野菜や肉をそのままペットフードに使用しています。ただ単にオーガニック素材を使用しているというだけではなく、完成したペットフードそれ自体がオーガニックで「有機認証ロゴ」付きのペットフードとなっています。

珍しい肉を使用している

Kangaroo at Lucky Bay in the Cape Le Grand National Park near Esperance, Western Australia

キャットフードは「ワトルキャット」の1種類となっており、キャットフードとしては珍しいカンガルー肉を使用しています。

「アーガイルディッシュ」の特徴

ではアーガイルディッシュの「ワトル・キャット」の特徴を見てみましょう。

良質なタンパク質

Portrait of a sheep in tall grass on a ranch.

アーガイルディッシュで使用している肉はオーストラリアの大自然で育ったカンガルー肉とラム肉、そして魚を使用しています。これはキャットフードにはちょっと珍しい肉といえるでしょう。

オーストラリアの野生のカンガルー肉は抗生剤や添加物を使用していないので、肉の質も安全性の高いものですし、カンガルー肉は高たんぱくで低コレステロールなので、猫にピッタリです。ラム肉も高たんぱく低脂肪でヘルシーな肉となっています。

低アレルギー

近年増えているのが食物アレルギーを持っている猫です。食物アレルギーを発症すると下痢やおう吐などの消化器疾患に加え、肌のかゆみや赤み、発疹、脱毛といった皮膚疾患が見られるようになります。

そこでアーガイルディッシュではアレルゲンになりにくい穀物や野菜などの組み合わせをすることでアレルギー対策をしています。猫がアレルギーを起こしやすいグルテンを排除しつつ、栄養バランスを考えています。

オーガニックチアシード配合

私たち人間の食べ物でも注目されている「チアシード」ですが、チアシードには猫にとっても必要なオメガ3脂肪酸や繊維質、アミノ酸等が豊富に含まれています。繊維質が含まれているので、おなかの調子を整える助けをしてくれます。

ハーブ配合

猫にとって有効なハーブを配合しています。消化を助けたり、リンパの流れを良くすることによって免疫力を高めたり、老廃物を排出したりする助けをしてくれます。

「アーガイルディッシュ」の原材料と成分

では早速アーガイルディッシュの原材料を見ていきたいと思います。原材料は以下のとおりです。

・原材料

カンガルー肉、ラム肉、オーストラリアンマッカレル(サワラ)、テイラー(アミキリ)、じゃがいも、玄米、キヌア、アマランサス、チアシード、りんご、パセリ、ひまわり種子、亜麻仁油、ブルーベリー抽出物、乾燥昆布粉、クリーバーズ、スィートフェンネル、カモミール、ユッカ、クロレラ、ビタミン&ミネラル、ビタミン(ビタミンA、ビタミンB1、B6、B12、リボフラビン、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、塩化コリン、L-アスコルビン酸、ビタミンD3、葉酸)、アミノ酸亜鉛キレート、アミノ酸鉄キレート、アミノ酸マンガンキレート、アミノ酸銅キレート、ヨウ素酸カルシウム、塩化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、アミノ酸類(アルギニン、トリプトファン、リジン、L-カルニチン、DL-メチオニン)、タウリン、イオウ、クエン酸

・成分
粗たんぱく質36%以上、粗脂肪11%以上、粗繊維5.0%以下、粗灰分7%以下、水分11%以下、代謝エネルギー348kcal/100gとなっています。
出典:https://www.amazon.co.jp/アーガイルディッシュ-アーガイルディッシュ-ワトル-キャット-800g/dp/B007VWZMJY/

たんぱく質が36%以上というのは大変高たんぱくのフードといえます。高たんぱくのわりに低カロリーですので、ダイエット中の猫にもピッタリではないでしょうか?

しかし猫にとって高たんぱくはよいことなのですが、腎臓を患っている場合は高たんぱくは負担となるので、獣医師に相談すると良いでしょう。

肉・魚

Spanish mackerel

アーガイルディッシュの原材料欄を見てみると第一原材料から第四原材料まで肉と魚が占められています。これは大変すばらしいことです。

肉食動物である猫にとって一番必要な栄養素は動物性たんぱく質ですが、動物性たんぱく質が摂取できるのは肉や魚からだからです。アーガイルディッシュの主原材料が肉や魚であることは、猫のことを考えていることの証拠です。

上記でも触れましたが、アーガイルディッシュで使用しているカンガルー肉はオーストラリアの大自然で育った野生のカンガルーです。ですから抗生剤や添加物を与えられずに育った、安全性の高い肉なのです。しかも高たんぱく低コレステロールという猫にピッタリの食材です。

ラム肉もキャットフードの原材料にふさわしい食材です。ラム肉も高たんぱく低脂肪で、必須アミノ酸が豊富に含まれており鉄分やビタミン類も多く含有されています。免疫機能を維持したり、神経や胃腸の働きを整えたりする様々な栄養素がバランスよく摂取できます。

中にはチキンに対してアレルギーを持っている猫も少なくないので、そんな猫には低アレルゲンであるラム肉や珍しいカンガルー肉を使用しているアーガイルディッシュはおすすめです。

第三、第四原材料で使用されている魚も高たんぱくでヘルシー、低アレルゲンの食材です。美しい皮膚や被毛の維持にかかすことができない必須脂肪酸の一つであるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

さらにアーガイルディッシュの良いところは、これら肉や魚の品質も良いところです。

市販のキャットフードに良く見られる粗悪な肉類(本来なら破棄にする鳥のとさか、くちばし、骨、羽根、血液、ひずめなど)、肉副産物を一切使用していません。またカンガルー肉は野生ですし、ラム肉はオーガ肉、魚は天然のものですので、安心して愛猫に与えることができます。

穀物

近年グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードが多く販売されていますが、アーガイルディッシュはグレインフリーではありません。

そもそも猫はイネ科の穀物の消化吸収を苦手としています。穀物の消化に必要なアミラーゼという酵素がないうえに、胃は小さく腸も短いので穀物の消化に向いていないのです。そのため特にグルテンが多く含まれている小麦、トウモロコシは消化が難しく、アレルギーを起こしやすいといわれています。ですからアーガイルディッシュでも消化に良くない小麦やトウモロコシは使用していません。

アーガイルディッシュでは「玄米、キヌア、アマランサス」を穀物として使用しています。これら穀物はグルテンを含まず比較的消化にも良く栄養価が高いということで使用されています。

玄米はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で栄養豊かですので、私たち人間も健康食品として食べている方が大勢いますね。キヌアとはたんぱく質やカルシウムそして食物繊維が豊富でNASAも注目する「21世紀の主要食」として話題になった食材です。そしてアマランサもカルシウムや鉄、食物繊維が豊富な穀物です。

消化にも良く低アレルゲンで栄養価の高いこれら穀物は、オーストラリアで有機栽培されたものですので安心して愛猫に与えることができるでしょう。

油脂

アーガイルディッシュでは動物性油脂は使用していませんが、肉や魚を豊富に使用しているので、そこから必要な動物性油脂は摂取できるでしょう。

他に油脂としてはオーガニックの「チアシード、ひまわり種子、亜麻仁油」を使用しています。動物性油脂は酸化しやすいのですが、植物性油脂は酸化しにくいという特徴があります。そのため余計な酸化防止剤を使用せずにすみます。

これら油脂には猫の美しい被毛や皮膚を維持するために必要な必須脂肪酸「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」が豊富に含まれています。さらにひまわり種子にはビタミンEも多く含まれていて、ビタミンEには抗酸化作用があるため体の酸化つまり老化を防いでくれます。

野菜やくだもの、ハーブ

Fresh organic vegetables in wicker basket in the garden

アーガイルディッシュには多種多様なオーガニック野菜やくだものが多く配合されています。ビタミンやミネラルが摂取できますし、ハーブには消化を助け、免疫力を高めたり老廃物を排出する助けをしてくれます。

添加物

アーガイルディッシュでは余計な添加物は一切使用されていません。

たとえオーガニックな原材料をたくさん使用していても、合成添加物を使用していては全く意味がありません。私たちも自分が食べるものを選ぶ際は無添加のものを選ぶでしょう。なぜなら添加物の中には健康被害を及ぼすものもあるからです。

例えば酸化防止剤とであるBHT、BHA、エトキシキンなどは高い酸化防止効果がある一方、発がん性やアレルギーなどのリスクが高いことが知られています。そのため人間の食品への使用が禁止や制限されています。こんな危険な添加物が愛猫のフードに使用されているとしたら恐ろしくはありませんか?

アーガイルディッシュではこういった危険な添加物は一切使用されていません。動物性油脂を使用していないのも余計な酸化防止剤を使用したくないからです。

アーガイルディッシュに使用されている多くのハーブやビタミンEが天然の酸化防止剤となっています。ですから市販のフードに比べたら賞味期限は短くなっています。しかしこれは添加物を使用していない証拠ですので、安心して愛猫に与えることができるのではないでしょうか?

保存方法

アーガイルディッシュは添加物を一切使用しないオーガニックキャットフードです。ですから市販のキャットフードに比べると賞味期限が短めとなっています。開封前は製造から6か月、開封後は1か月となっています。

保管方法によってはこの期限よりも早く品質が劣化してしまうかもしれません。

キャットフードは一度封を開けると空気に触れてしまうためそこから酸化が始まります。ですから開封後はなるべく密閉できる容器に入れて保管すると良いでしょう。なるべく空気に触れないようにあらかじめ小分けにしておくこともできます。

直射日光の当たらない涼しい場所で保管することも大切です。

「アーガイルディッシュ」の口コミ評判

Group of young people men and women whispering each other in the ear. Word of mouth concept

ここまでアーガイルディッシュの原材料や成分を見てきました。オーガニックの原材料にこだわり非常に安全性の高いフードであることがわかったのではないでしょうか?

ではここからは実際にアーガイルディッシュを購入した飼い主さんの生の声を見てみましょう。

「アーガイルディッシュ」の良い口コミ評価

まずアーガイルディッシュの良い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「食いつきが良い」 まずは食いつきの良さに関する口コミが多数あります。主原材料に肉や魚をたっぷり使用しているので素材そのもののおいしさがあるのでしょう。残さずきれいに食べてくれるようです。

「おなかの調子が良い、うんちが良くなった」 おなかが弱い猫もアーガイルディッシュにしてからおなかの調子が良くなったという喜びの声が多くあります。アーガイルディッシュはオーガニック素材を使用していること、アレルゲン食材を使用していないこと、適度な食物繊維を配合していることなどが、おなかの調子を良くしているのかもしれませんね。うんちの臭いが少なくなったという口コミもあります。しっかり消化されている証拠です。

「アレルギー改善、毛艶が良くなった」 アレルギーのあった猫もアーガイルディッシュにしてからアレルギーの症状が出なくなったようです。また毛艶も良くなったと喜んでいます。

「原材料に満足」 原材料に満足しているという口コミが多数です。添加物が使用されていないことや安全基準の高いオーストラリアのオーガニック素材を使用していることなどが高く評価されています。カンガルー肉を使用していることも珍しいですが、高たんぱくで低脂肪なのでダイエットにも良いと喜ばれています。

「アーガイルディッシュ」の悪い口コミ

ではアーガイルディッシュの悪い口コミにはどんなものがあるでしょうか?

「食べてくれない」 食いつきの良さが好評でしたが、好みがあるためか中には食べない猫もいるようです。珍しいカンガルー肉を使用しているので食いつきに関しては実際に与えてみないとわかりませんね。

食いつきは良いのですが、すぐに食べなくなるという声もあります。飽きてしまうのでしょうか?

「便秘?になった」 アーガイルディッシュにしてから便秘をするようになったという声がありました。アーガイルディッシュには食物繊維が含まれているため、慣れるまでは便秘をする猫もいるようです。しばらくするとお通じも良くなり、その後は健康的なうんちをしているようです。

「高い」 内容に納得はしているものの、値段が高いと感じている方は少なくありません。高いため継続することが難しいようですね。

「アーガイルディッシュ」のおすすめポイント

ではアーガイルディッシュのおすすめポイントは何でしょうか?

オーガニック食材を使用、アレルギー対策

なんといっても原材料がよいことでしょう。何度も紹介しましたがオーストラリアのオーガニック食材を多数使用しています。どれもヒューマングレード素材(人間も食べることができるレベル)を使用しています。そして無添加ですので、愛猫に安心して与えることができます。

また低アレルゲン素材を使用しているので、アレルギー体質の猫も安心して食べられるのではないでしょうか?

低脂肪、低カロリー

アーガイルディッシュで使用しているのはカンガルー肉とラム肉です。

どちらも高たんぱくでありながら低脂肪、低コレステロールという理想的な肉です。ですから脂肪分も11%、カロリーも348Kcalと抑えめになっています。ダイエット中の猫はもちろんのこと、室内飼いで運動量の少ない猫や、避妊・去勢手術をして太りやすい猫にもおすすめです。

バリエーションが豊か

アーガイルディッシュのキャットフードは1種類ですが、容量のバリエーションは豊かです。

180g、800g、2kg、4kg、8kg、12kg、16kgの7種類用意されています。始めは180gの小袋で食いつきを試すと良いでしょう。

まとめ

今回は日本生まれオーストラリア原産のオーガニックキャットフード「アーガイルディッシュ」を紹介してきました。

安全性の高いヒューマングレードの肉や魚を豊富に使用し、低アレルゲンの穀物や野菜を使用するなど、猫のことを考えられたキャットフードです。猫にとって一番大切な良質の動物性たんぱく質が豊富です。それでいて低脂肪、低カロリーなので体重が気になる猫にもおすすめです。

アレルギーを起こしにくいとされているラム肉や珍しいカンガルー肉を使用していること、アレルギーのなりやすい小麦やトウモロコシを使用せず低アレルゲンを使用しているので、アレルギーの猫も安心して食べることができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード