キャットフード「アズミラ」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

キャットフード「アズミラ」ってどう?原材料や特徴、評判のまとめ!

プレミアムキャットフードの一つに「アズミラキャットフード」があります。健康志向の高い方に人気のあるアメリカのペットフードメーカー「アズミラホリスティックアニマルケア社」が販売しているキャットフードです。日本では「アズミラジャパン」が代理店として販売しています。ここではアズミラキャットフードの原材料や成分を徹底解析してみたいと思います。また口コミ評判も調べてみました。

「アズミラ」って何?

In a Modern Laboratory Research Scientist Conducts Experiments by Synthesising Compounds with use of Dropper and Plant in a Test Tube.

アズミラを製造販売しているアメリカのアズミラ社は、FDA(米国食品医薬局)とUSDA(米農務省)の優良製品製造指針に基づき製造しているナチュラルケア製品メーカーです。高品質な製品を提供しています。

アズミラの創設者リサ・ニューマン博士はナチュラルペットケアの先駆者、製品開発者として国際的に有名な方です。20年以上にわたって自身が納得できる製品の研究開発、調査を行っています。その長年にわたる研究「The Holistic Animal Care LifeStyle」に基づいて製品化されたのが「アズミラペットフード」なのです。

「アズミラ」のペットフードの特徴

Cute cat eating on floor at home

ペットの健康を考えてつくられたアズミラペットフードの特徴をいくつか紹介したいと思います。

優れた品質

一つ目の特徴は、アズミラペットフードで使用している品質が優れていることです。

犬や猫にとって大切な栄養素であるたんぱく源として、なんとUSDA(アメリカ農務省)認定のグレードAの肉を使用しています。栄養価が高いうえに消化率がよく体内での利用効率が良いためしっかり栄養として吸収できます。また素材そのものの旨味があるため嗜好性を高めるための余計な添加物、塩、砂糖等を加える必要がありません。

またUSDA一級認定の無農薬全粒穀物を使用使用しているので、消化率が良く体内での効率も優れています。猫が必要としているビタミンやミネラルを摂取することができます。

独自の素材

アズミラの二つ目の特徴は、独自の素材を使用していることです。

例えば健康をサポートするためのハーブ、吸収率の高いたんぱく質に結合したミネラル、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸等がバランスよく摂取できるフラックスシードとメンハーデンフィッシュミール、ビタミンやミネラルそして繊維質摂取のための霊芝やシイタケ、果物や野菜、そして消化の優れた栄養価の高い穀物などを使用しています。

優れたパッケージ

アズミラの三つめの特徴は、より新鮮なフードを提供できるように優れたパッケージとなっています。

fres-petバリアーパッケージングの採用で、鮮度やおいしさを保ち栄養素の破壊も防いでくれます。実験では9カ月以上腐敗を防ぐことが証明された優れたパッケージです。いつまでもおいしく新鮮なフードを愛犬や愛猫に与えることができます。

健康を助ける

アズミラの四つ目の特徴は、健康を助ける処方になっていることです。

からだに害があるとされている合成保存料を使用せず、ナチュラル保存料を使用しているので、安心してペットに与えることができるでしょう。

非承認の材料が混入しないよう製造工程も徹底管理されており、粗悪な原材料とされる副産物も一切使用していません。

アズミラのキャットフード

ここまでアズミラのペットフードがどんなフードなのか、また特徴などを見てきました。愛犬、愛猫の健康のことを考え原材料にもこだわり、人間が食べることのできるレベルのものを使用した安全性の高いフードのようですね。

アズミラ製品にはキャットフードも用意されています。

猫用缶詰と猫用ドライフードです。今回紹介するのはドライフードの「クラシックキャットフォーミュラ」です。

「クラシックキャットフォーミュラ」

「クラシックキャットフォーミュラ」はリサ・ニューマン博士の開発した健康レシピをもとに作られています。

もちろん人間用の高品質な原材料を使用したオールナチュラルフードとなっています。からだに害となりかねない副産物や小麦グルテン、着色料や香料、化学保存料等は一切使用していません。

化学保存料を使わない代わりに、天然由来のミックストコフェロールを使用し、またバリアパッケージの採用で品質を保つことができます。

もちろん栄養バランスも考えてあります。必須ビタミン、ミネラルを含有し、脂肪酸や食物繊維、抗酸化物質など健康維持をサポートする成分をしっかり含んでいます。

また嗜好性を高める工夫もされており、味にうるさい猫も喜んで食べてくれることでしょう。

消化を助ける成分であるユッカやパセリの配合で、気になるトイレのにおいも軽減してくれます。

「アズミラキャットフード」の原材料と成分

アズミラ キャットフード

では本当に愛猫に安心して与えることができるフードなのかどうか、早速アズミラキャットフードの原材料と成分を見てみたいと思います。原材料は以下のとおりです。

原材料

チキンミール、全粒ひきわり玄米、全粒ひきわり大豆、全粒ひきわり小麦、全粒ひきわりコーン、鶏脂肪(ミックストコフェロール)、脱果汁トマト(リコピン)、ひきわりフラックスシード、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、メンハーデンフィッシュミール、塩化コリン、塩、乾燥乳タンパク質、乾燥チコリー、ミネラル(炭酸カルシウム、酸化亜鉛、タンパク質化合亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、タンパク質化合マンガン、ヨウ素酸カルシウム、タンパク質化合銅、亜セレン酸ナトリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、ビタミン(ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB3)、Lアスコルビル-2-ポリリン酸塩(ビタミンC)、ビタミンA、D-パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、葉酸、イノシトール、ビオチン、メナジオン重亜硫酸ナトリウム複合体(ビタミンK活性源)、ビタミンB12)、タウリン、塩化カリウム、パセリフレーク、乾燥ケルプ、ユッカシディゲラ抽出物、ミックストコフェロール、ベジタブルオイル、クエン酸、レシチン、ローズマリー抽出物となっています。

成分

粗たんぱく質30%以上、粗脂肪11%以上、粗繊維4%以下、粗灰分6.5%以下、水分10%以下、カロリー342.5kcal/100gとなっています。

タンパク質、脂肪ともに必要な量が十分摂取できます。ただしプレミアムフードにしては脂肪が少なめかもしれません。またカロリーも抑えめになっています。オールステージ対応のフードということですが、成長期の猫にとっては物足りないような気もしますね。

アズミラキャットフードの原材料詳細

気になる原材料を見ていきましょう。

チキンミール

brown hen walking isolated on white, studio shot,chicken.

アズミラキャットフードの第一原材料は「チキンミール」となっています。肉食動物の猫が必要としている動物性たんぱく源として使用されています。肉類が主原材料となっていることは大変すばらしいのですが、ミール系の使用を気にする方もいるでしょう。

ミールとは材料をすりつぶして粉々にしたものという意味があります。ですからチキンミールとはチキンをすりつぶして粉々にしたものということができます。

一般的にミール系は危険な原材料の一つといわれています。というのもチキンミールを作る原材料として「副産物(鶏のとさか、くちばし、骨、羽根、血液、足など食用以外の部位)」を使用している可能性が高いからです。

原材料が安くて済むのですが、栄養面や安全面を考えると危険な原材料であるため、愛猫家が避けたいとしている原材料の一つなのです。

・アズミラの場合はどうでしょうか?

アズミラは「人用の高品質材料を使用している。」とはっきり述べているので、こういった粗悪な原材料は使用していないと信じて良いでしょう。またあえて乾燥粉砕することで栄養素を凝縮させることができ、高たんぱくを摂取することができます。またすでにすりつぶしているため消化にもよく、消化率が良くなるともいわれています。

とはいえ、やはりミールへの加工によってある程度の栄養素が壊れてしまうこともあり、新鮮な生肉の方が素材そのものからの栄養が摂取できます。せっかく品質の良い肉を使用しているのですから新鮮な生肉を使用していたらもっと良いのに。と思わずにはいられません。

穀物

Wooden spoons of various gluten free flour (almond flour, amaranth seeds flour, buckwheat flour, rice flour, chick peas flour) from top view

チキンミールの次には穀物が並んでいます。「全粒ひきわり玄米、全粒ひきわり大豆、全粒ひきわり小麦、全粒ひきわりコーン」となっています。

肉食動物の猫にとってイネ科の穀物は消化がしにくい食材で、特に小麦やトウモロコシはアレルギーを起こしやすい食材ともいわれています。今はアレルギー症状が出ていなくても食べ続けることで、アレルギーが発症することがあります。

アズミラでは消化のことを考えてすべてひきわりにしていますが、使用している割合が多いのが気になります。

全粒玄米は比較的消化の良い穀物で、ビタミンやミネラルが豊富で良質の炭水化物源ともなっています。とはいえたくさん摂取すれば猫の身体に負担となり消化不良を起こすこともあります。

全粒ひきわり大豆は食物性たんぱく源として配合されていると思われますが、猫にとって一番必要な栄養素は動物性たんぱく質です。植物性たんぱく質はサポート程度にしたいものですが、第三原材料に挙げられていることを見ると、かなり多く配合されているのではないかと思われます。

そして何より小麦とコーンは猫が消化を苦手としており、アレルゲンともなっている食材です。原材料欄の上位にきているので心配ですね。

鶏脂肪

アズミラでは鶏脂肪が配合されています。

鶏脂肪からは必須脂肪酸を摂取することができるので、愛猫の健康的で美しい皮膚や被毛の維持をサポートしてくれます。また何より鶏脂肪を使うことで嗜好性の高いフードに仕上げることができます。

鶏脂肪に使用している酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールであることが明らかになっているので安心ですね。

フラックスシード、メンハーデンフィッシュミール

フラックスシード、メンハーデンフィッシュミールには、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸がバランスよく配合されているため、健康的で美しい皮膚や被毛の維持をサポートしてくれます。

またメンハーデンフィッシュミールとはニシンミールのことで、高品質の必須アミノ酸が豊富で筋肉や皮膚を作るのを助けてくれます。また嗜好性を高めてくれます。

ナチュラルフレーバー

アズミラでは嗜好性を高めるための工夫が数多く施されていますが、その一つにナチュラルフレーバーがあります。チキン由来のものということになっています。

天然成分ですのでからだに悪いものではないと思いますが、新鮮な肉をたくさん使っていれば素材そのものの旨味があるので、わざわざ後から味付けをしなくてもいいのではないでしょうか?

そう考えると、わざわざ味付けしているのは、肉の量が少ないからなのか、それとも穀物を多く使用しているため味が薄くなっているのか?と考えたくなってしまいますね。

sea salt on wooden background

アズミラでは「塩」が含まれています。これは大変気になる原材料です。

なぜなら多少の塩分はミネラル補給に必要ですが、とりすぎは体に負担をかけてしまうので良くないと言われています。普通は食材に含まれている塩分だけでも十分とされています。特に腎臓の悪い猫や血圧の高い猫にとっては負担となってしまいます。

アズミラの公式サイトでは「AAFCO規定の更新に適合するため塩を使用している」ということで、適量はもちろん守ってはいますが、猫のことを考えると必要ないのではないか?と思わずにはいられません。

酸化防止剤

アズミラでは酸化防止剤として天然由来の安全性の高い「ミックストコフェロール」を使用しています。クエン酸やローズマリー抽出物も酸化防止効果があり、どれも天然由来なので体へ負担をかけません。安心して愛猫に与えることができます。

「アズミラキャットフード」の口コミ評判

では実際にアズミラを購入した方の口コミ評判を見てみましょう。

Woman talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

「アズミラキャットフード」の良い口コミ

「毛づやが良くなった」 アズミラにしてから毛並みや毛艶が良くなったという口コミがあります。美しい被毛の維持をサポートしてくれるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが良いからかもしれませんね。

「うんちが臭わない」 アズミラは消化率を高いためしっかり消化ができるので、うんちの臭いも軽減するようです。ユッカやパセリの配合も便臭の軽減につながっています。

「良く食べてくれる」 アズミラは嗜好性を高める工夫が多くされているので、猫も喜んで食べてくれるようです。よく食べてくれるのはうれしいですね。

「アズミラキャットフード」の悪い口コミ

「食いつきが良くない」 食いつきが良くないという口コミが多数あります。素朴な味なため市販の味の濃いフードに慣れていた猫にとっては物足りなく感じるのかもしれません。

「アレルギー?」 皮膚炎や便がゆるくなったという声もあります。もしかしたらアレルギーを発症しているのかもしれませんし、穀物が多く使用されているため消化に負担がかかっているのかもしれませんね。

「アズミラキャットフード」の値段、購入方法は?

Government budget / public spending concept : Dollar bag, coins, color wood bar graph on a table, depicts the increment in annual financial budget or revenues that government collects from tax payer.

アズミラキャットフードの値段を見てみましょう。公式サイトを見てみると5サイズが用意されています。

0.5㎏1,130円、1㎏2,150円、2.26㎏4,200円、4㎏6,690円、6.75㎏10,780円となっています。

1キロあたり2000円程度ですので、プレミアムフードのわりにそこまで高くないかもしれませんが、第二~第五原材料まで穀物が使用されているので、穀物が多く使用されている割には高い。ということもできます。

購入方法は?

アズミラジャパンの公式サイトからは購入することができません。

しかし公式サイトには全国の取り扱い店舗情報があるので、近くの取り扱い店舗を探すことができるでしょう。他には楽天市場やAmazonなど通販でも購入ができます。

ナチュラル素材を使用

アズミラキャットフードで使用している原材料は人間用の高品質材料を使用したナチュラルフードです。からだに害となりかねない添加物や副産物等は一切使用していません。

しかし肉食動物の猫に対して、使用している穀物が多すぎるような気もしますね。消化を苦手としアレルギーを起こしやすい小麦やトウモロコシを使用していることも気になります。

便臭改善

アズミラキャットフードは消化率が良く、消化を助けるユッカとパセリも配合しているので、食べたものをしっかり吸収することができます。そのためうんちの臭いも軽減してくれます。便臭の改善は口コミでも評判でした。

まとめ

今回はアズミラキャットフードの原材料を解析し、口コミも紹介しました。

ホリスティックフードとして人気の高いアズミラキャットフードは、口コミも良く高く評価されているフードです。原材料にもこだわりヒューマングレード素材を使用していますが、穀物が多く使用されているのが気になります。

もしもアレルギーや消化不良があった場合は、フードを替えた方が良いかもしれませんね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のキーワード